受験効果

私のおしえている小学生で今年中学受験をした子が二人いる。それぞれしばらくお休みしていたけれど、受験も終わったということで3月だけでも、と復帰してきた。中学が始まったら、また学校も遠くなるし部活など始めたらピアノに通う時間もなくなるかもしれないけれど。

この二人、受験の準備で頭をフル回転させてきたらしい。まだ回転している頭を持っているおかげ?で、以前にも増して飲み込みが早く、たくさん宿題を出しても譜読みも快調だし、吸収して帰ることも多くなっている。前の週からの持続性もある。ひとまわり成長したといったところか。頼もしいし、小さい頃から見てきた子たちなので、なんとも嬉しい限り。半年ぶりくらいで見た姿は、背も伸びて、どことなくお兄さんお姉さんぽくなっていたし。

長男が高校受験の時、同じようなことを感じた。時間的には忙しいのだけれど、受験勉強をしているとき、習っていたチェロの練習ははかどり、やはり吸収することが多かった。高校に入ってちょっとだれてきたとき、時間はあるのに練習にもなかなか集中できなくなった。要は集中力の問題か。

受験でピアノを休まなければならないことは、伸びる小学生高学年の時期に練習を続けられずもったいない気もするけれど、ほかのことにでもまじめに集中していた子にとっては、変わらない経験なのかもしれない。
[PR]