年の瀬のあんぽんたん

年の瀬も押し詰まり、主人と長男長女は一昨日大阪の実家へ車で帰省。私は次女の受験につきあって、2人でお留守番です。静かな年末年始が始まっています。日頃から気になっているところをいつもより少していねいにお掃除したり。

年賀状もやっと自分関係のものが書き終わり今日投函。今朝は10時前から駅まで銀行関係の用事をすませようと、車もないから歩いて出かけたついでに、途中にあるコンビニ前のポストにポットン!これでよし!!


長女が寮生活をはじめたので、生活費を仕送りする形になっています。郵便局から寮費が引き落とされるので、入金しておこうと駅まで出ていったのに、長女の郵便局の通帳がない。。。!また忘れてきた~~、と思ってほかの用事だけ済ませ、出直しか~と。こういうことはよくあるんですけど。


さて、お昼前に家に帰って、長女の通帳は…と置き忘れたはずのテーブルの上を見てもない。。。あれ?どこ見てもない。。。あら?

しばらく可能性のある場所を見て廻りましたがどこにも見あたりません。
え~、困るよ~。。。入金するお金も挟んであったのに~~。。。

????出かける前からの行動をず~っと思い出してみました。


あ~~~~~~~~~!違いない!絶対そうに違いない!!


郵便局に電話しました。

「この年末のお忙しいところスミマセン~。年賀状と一緒に、現金を挟んだ通帳をポストに放り込んだかもしれないんですけど…」

係の方はイヤな声ひとつ出さず、「もう集配しているはずですから探してみますね~」と言ってくださり、連絡先を告げて待つこと1時間弱。「見つかりましたよ~!」と連絡してくださいました!

「やっぱり~!」

バッグの中がいっぱいで、とにかく年賀状を放り込んでしまおう、とバッグから掴みだしたかたまりをポストに投げ込んだってことです。

入金しようと思っていた現金もちゃんとあったそうです。都筑郵便局のお兄さん、ありがとうございました!感謝感謝!

これから年賀状を投函するみなさん!ほかのものを一緒に投げ入れないように気をつけてくださいね!…誰もそんなことしないか。。。

あんぽんたんしたおかげで、お兄さんが親切に対応してくださったこと、そして、失った大事なものが見つかった、という嬉しい出来事が一気にふたつ。2008年は気持ちよく終えられそうです!
[PR]