東京オペラシティ/ランチコンサート

ふと思い出して、久しぶりで聴くケンプのブラームスのピアノ協奏曲第1番d-moll、第2楽章と共に静かに暮れていく空。午後7時の空。日が長くなったものです。
c0061774_1944126.jpg


今日は東京オペラシティ近江楽堂のランチコンサートにヴィオラのAちゃんと。

「ビーバーとバッハのヴァイオリンソナタ」

デュオ タリス
  ヴァイオリン 原田陽     チェンバロ 古賀裕子   
  賛助出演   
  チェロ  武澤秀平

プログラム
     ビーバー  ロザリオのソナタ 受胎告知
     J.S.バッハ   ヴァイオリンソナタ 第4番  
     ビーバー    ソナタ 第6番


40分弱のプログラム。整理券が配られますが、2回公演とも大盛況。特に1回目は100名の定員いっぱい。私は2回目の方で聴きましたが、こちらも7割くらいの人。リュック姿がハイキング仲間でないか、と思えるような、コンサート好きらしい少し年配のおじさまたちが、お仲間で楽しそうに並んでいらっしゃいました。おそらく常連さんなのでしょう。

無料でこんな充実した音楽が聴けるなんてなんてすばらしい!!大人の音楽でした。響きのよいホールで、アンサンブルもよく、心地よく聴かせていただきました。特にバッハの第一楽章は泣きそう~、そしてビーバーはドキドキワクワク。
[PR]