戯 Happy Birthday Fantasy

c0061774_0373210.jpg2009年6月17日(水)19時開演

トッパンホールにて

《出演者》 辻音楽師のみなさま
  辻秀幸(テノール) 佐竹由美(ソプラノ)
  辻志朗(ピアノ)   辻 悦子(ピアノ)
               なかにしあかね
                (作曲、ピアノ)
※今回、三男裕久氏(テノール)は
  健康上の理由によりごあいさつのみ。

《友情出演者》 
  菊池香苗(フルート) 
  田崎瑞博(チェロ)
  近藤郁夫(打楽器)

ちらしデザイン:辻沙織

==================

まぁ、なんといいますか…すごい(いろいろな意味で!)ファミリーです。役者揃い。

昨年に引き続き、聞き応えのある歌曲もあれば、お笑いもあり、歌い手がステージに出てくるだけで、それもまじめな歌を歌おうとしているのに、客席が笑いの渦になる、なんていうコンサートはほかでは見られないでしょうね。貴重な体験をさせていただきました。

そのくらい暖かい雰囲気の、そして決して表面的に楽しいだけの内容でなく、高い技術と表現力、企画力。秀幸氏、佐竹由美さんの歌唱力はもちろん、なかにしあかねさん、辻志朗さん、それぞれの個性で、すばらしいピアノを聴かせてくださいました。中でも、木下牧子さん作曲「黒田三郎の氏による三つの歌」の「ある日ある時」はかなり心にしみました。歌い手の表現力があってこそですが、詩が心に響きます。大好きな詩です。


   ある日ある時


   秋の空が青く美しいという

   ただそれだけで

   何かしらいいことがありそうな気のする

   そんなときはないか

   空高く噴き上げては

   地に落ちる噴水の水も

   わびしく梢をはなれる一枚の落葉さえ

   何かしら喜びに踊っているように見える

   そんなときが



来年は4月22日、次男氏のお誕生日に開催されるというこのコンサート第3弾。今からみなさん楽しみにしていらっしゃることでしょう。今回は三男裕久さんが出演できなかったので、次回を楽しみに。

アンコールがわりに、会場全員でハッピーバースデイコーラス♪


辻家のお母様も会場にいらしておられましたが、大きく大きく大きく成長した息子たちが仲良く三人、それぞれのお嫁さんも一緒に仲良く、ひとつの立派なステージを作り上げているのを見て聴いて、きっと嬉しく思っていらっしゃったことでしょう!自分の子どもたちが兄弟仲良くしてくれることは、何より嬉しいことだなぁと、つい我が身におきかえて考えてしまいました。
[PR]