コンサートふたつ

先週末よりのコンサートふたつのご報告。

c0061774_20501965.jpgハッピーたいむ 2ndコンサート

2009年6月19日(金)18時30分開演

溝の口ノクティ大ホールにて

指揮:角 岳史   ピアノ:野間 美希
語り部:阿部 六郎    フルート:升本 格

女声合唱団「ハッピーたいむ」の創立と、私の演奏活動復帰の時期はほぼ同時期。初代ピアニストとして、12年間?、2年前までご一緒させていただいておりました。今回のコンサートでは、かつてご一緒に練習させていただいていた時の光景、みなさんの楽しく練習している笑顔や、私自身が諸々悩んだりしていた当時の気持ちなどもありありと思い出されて…

相変わらずリズム感いいし、声も表情も若いし、ハーモニーも美しかった。特に鈴木憲夫さんの作品、「民話」がよかった。曲もよく書かれているけど、中でも私が感動したのは、「でんせつ」。きれいなハーモニーに支えられて、響きが会場全体を包み込むように鳴り、よく知ってる物語なのに、尚引き込まれてしまう、集中力ある素晴らしい演奏。正直、こういう感動の仕方をさせていただけるとは思ってもいませんでした。お見事!

フルートソロやお爺さんの語りのゲストも招かれ、工夫されたステージで多いに楽しませていただきました!メンバーも以前と変わらず(若干減ってはいますがそれでも40名以上)2代目指導者、角岳史氏のもと、楽しさいっぱいに歌い続けておられることが、この上なく嬉しく感じられる一夜でした。

帰りには、楽しい余韻の中、数人の元メンバーらでちょっと一杯、のつもりが…久しぶりによく飲みました~。たまにはいいかもね!たまになら、ね。


さて、もう一件

c0061774_2143557.jpg
ミューザ川崎 市民交響楽祭2009

2009年6月21日(日)14時開演
ミューザ川崎シンフォニーホールにて

演奏:宮前フィルハーモニー交響楽団
    指揮:田中一嘉   
    ピアノ独奏:若林顕
    ゲストコンサートマスター:廣岡克隆
    ゲスト首席チェロ奏者:ベアンテ・ボーマン

◇プログラム
・ウェーバー:舞踏への勧誘
・グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調

・リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェヘラザード」
=======================
川崎市アマチュアオーケストラ連盟とミューザの主催でのコンサート。川崎市にある4つのアマチュアオーケストラが持ち回りで演奏。今年は長男の所属するオーケストラの番でした。会場の豊かな響きにも助けられ、ゲストのコンサートマスターや首席チェリストにも大いに助けられ、好演でした。ピアニストの若林さんも卓越したテクニックで大きな音楽を聴かせてくださいました。ピアノの和声がなんとなくひずんで聞こえたのは、調律のせいなのか、最近古典調律に慣れてしまった私の耳のせいか…??

ゲストによるアンコール。若林さんは息を呑むようなピアニッシモの美しさでピアノという楽器のすばらしさを、廣岡さんとボーマン氏はデュエットですばらしい技巧と音楽性を聴かせてくださいました。
[PR]