Ensemble14  第15回演奏会

昨日日曜日に訪れたEnsemble14演奏会について書く前に…

今日はつくばまで行ってきました。友人が来月リサイタルを開くのですが、その試演会として、つくば在住のWさんとご一緒に聴かせていただきました。ところどころ、どうなっているのかなと思うところは楽譜を開いて見ながら聴かせていただけて、こちらもとてもいい勉強になりました。演奏会案内はまた後日。

試演会あとのランチでは。(決してこれが目的でつくばに行ったのではありません!!!)
いつものデザートとカプチーノ。今日は3人で行ったのでカプチーノの絵は3種類。私はもちろんブタさん(ちょっとクマ?イヌ?みたいだけど)のをいただきました!
c0061774_22273931.jpg
c0061774_2228140.jpg


さて、Ensemble14の演奏会。トッパンホールにて。

◇プログラム
J.S.バッハ
・カンタータ第62番「今こそ来てください、異邦人の救い主よ」
・カンタータ第46番「どうか目を留め、よく見なさい
               これほどの痛みがあるものかどうか」
・ミサ曲 イ長調 BWV234

指揮:辻秀幸
管弦楽:ミレニウム・バッハ・アンサンブル

この合唱団の演奏会は第1回から予定の許す限り(と言ってもなかなか伺えないことも多かったのですが)前回私が伺ったのは2年前?だったかと思いますが、毎回その演奏内容はよくなり、一人一人の腕前もどんどんレベルアップし、一人一人がレベルアップしているから、当然合唱全体のレベルもアップしていて、ほんとうに感動のもらえる演奏でした。ソロもメンバーの人たちの中からオーディションで選ばれた方が歌われるのですが、そのレベルもかなり高い!知っているメンバーがソロに立つと、なんだかこちらがドキドキしてしまいましたが、その心配も吹き飛ばされるような熱演をみなさんされていて嬉しかったです。ホールのよい音響に助けられていることもあるでしょうが、合唱のバランスがとてもよく、体中の細胞にしみわたってくる響きでした。

もちろん、プロのようには行かない部分もありますが、プロの指揮者とオーケストラが、いいテンポ、いい切れ味で、安定した支えをしてくれている上に、しっかり一体化して演奏されているアマチュアのみなさんの意気込みと思い入れと情熱が感じられて、熱いバッハが聴けて、雨の中、聴きに行ってほんとうによかったと思える演奏会でした。これから益々楽しみな合唱団。来年はロ短調ミサだそうです!

気持ちのさわやかになった演奏会の帰りには、一緒に行ったご近所のお友だちYさんとあざみ野で一杯。気の合う女二人で気楽におしゃべりしながら、いい時間を過ごすことができました。
[PR]