あらためまして小岩井合宿②

明日からはまた元の生活に復帰したいので、一気に書いてしまいます!

さて、2泊した思い出となるペンション016.gif

温厚で気配りの行き届いたオーナーさんと奥様。おいしいお食事。かわいらしいお部屋。心が広くなるお庭の景色。
c0061774_20394033.jpg
c0061774_2040377.jpg



c0061774_20463521.jpg


初日夜はペンションにて練習。二日目朝、ペンションのオーナーさんに、歩いて5分とかからないところにある素敵なホールをご紹介いただいて、そこでそのあと二日間みっちり練習ができたことは、ものすごい収穫でした。遊びたい指導者の誘いにも一切乗らず、「私たちは練習しに来たのです!!」と本当に予想外の?すばらしい集中力で、中身の濃い練習がたくさんできて、私もとても充実した時を過ごさせていただくことができました。八角形のとても響きのよいホール。チェンバロ、オルガンのほか、グランドピアノも2台ありましたが、使わせていただいたディアパーソンのピアノは特にとても反応がよく、やわらかい音色でいいピアノでした。
c0061774_21334455.jpg

最終日の午後の練習は、指導者の意向で早めに切り上げられ、合宿中唯一の自由時間。私も有名な「一本桜」まで往復40分の道のりをゆったりと、静かな満ち足りた気持ちでのお散歩。日に日にお天気がよくなり、最終日はすがすがしい晴天。身も心も幸せいっぱい。
c0061774_20551988.jpg

自由時間後はもうこのペンションとも合宿ともお別れ。チャーターされたバスで雫石駅まで行くところ、時間になってもメンバーの二人が帰ってこない。。。!・・・とパトカーに乗って帰還された二人。どうやら散策中に迷子?になってしまったらしいけど、よくぞ偶然にもパトカーに出会えたものです。このハプニングはこの先ずっと語り継がれていくことでしょう。とにかくみな無事に雫石から「こまち」に乗り込むことができました。めでたしめでたし。

団長さんをはじめ、係のみなさま、いろいろと準備も気配りも大変だったことと思いますが、お世話になりました。そしてメンバーのみなさま、泣く泣く参加できなかったみなさまも、お疲れ様でした。いい合宿でした。思い出に終わらず、また行きたいです。また行きましょう!そして、9月末のコンクールでは心を込めて今回の成果が出せますように。

(合宿は終わりますが、旅はつづく・・・)

追:こちらにも画像あります。
[PR]
by fumifumifumin | 2009-08-24 21:10 | 合唱団