ルネッサンスからロマン派まで

今日は自宅でレッスンはありますが、あえてのんびり過ごさせていただいております。画像は省きますが、今日も穏やかな秋空です。

昨日、日曜日の午前中は、恩師のお宅にて、ベートーヴェン交響曲第8番第1楽章の2台8手版の初合わせ。曲もよく書けてるし、編曲もいい具合で、短い時間でアンサンブルもまとまり練習終了。美味しいコーヒーをいただいて帰って参りました。今週末、日本アンサンブルコンクールの「10周年記念コンサート」(←詳細はここをクリックしてみてください)があり、受賞者の方々が演奏されるのですが、その前座?として、審査員の方々による演奏もあるそうです。私は審査員でもなんでもないのですが、お手伝いで演奏させていただきます。いろいろな楽器のアンサンブルがあり、先生方の演奏もお聴き得かも!このコンサートを聴いてみたい方、いらっしゃいましたら、こっそり私に声をかけてみてくださいね(特典あり)!10月24日(土)横浜みなとみらい小ホール、14時開演です。

練習後に最寄り駅の焼き鳥屋さんでランチ。焼き鳥丼。
c0061774_16363882.jpg

炭火焼きの焼き鳥が美味しかった!


この練習のあと、午後3時からは田園調布のルーテル教会にて、知り合い3人(チェンバロの弟弟子くん、ピアノの生徒さん、オルガン習っていたころの姉弟子さま)が出演するコンサートに。チェンバロでバロック、パイプオルガンでルネッサンスとバロック、そして声楽アンサンブルとピアノ独奏で古典派からロマン派。チェンバロはフレミッシュとイタリアンヴァージナルの2台が用意され、製作者(伊藤福一さん)みずからの説明もあり、なんとも贅沢な2時間に及ぶコンサートでした。オルガンもやっぱり弾いてみたいなぁ。でも、どう考えても足鍵盤は無理です。憧れです。
[PR]