合唱の祭典

12月20日。快晴!
c0061774_20245253.jpg

寒くなるかと少々厚着で出かけたら、汗ばむくらいのお日様。満員御礼ということだったので開場前に行って並ぶ。見上げると青い空!

洗足学園前田ホール、2階席3列目ど真ん中にて、洗足学園「合唱の祭典」を聴かせていただきました。370名の学生さんたちの合唱でオルフ作曲「カルミナ・ブラーナ」全曲。指揮は大友直人さん。オーケストラもよく弾いていると思ったら、学内外からオーディションで選ばれた(30歳未満)選抜オケとか。合唱も若い声でよく歌っておられました!充実したいい演奏会でした。見事な合唱を指導された先生も、ど真ん中で学生たちに混じって表情豊かに歌っておられました。歌詞を理解して、表現しようという姿勢は当然の事ながら大切なことだと、あらためて思いました。そうそう!ソリストの皆さん(日比野幸(S)、秋山徹(T)、牧野正人(Br))の素晴らしかったことも書き落としてはいけません。

終演後はそのまますぐに恵比寿へ。CMディレクターをしている小学校同級生N氏がゲストとして出演するイベントを同じく同級生女子と覗いてきました。参加者のほとんどはおそらく30~40歳代の起業しようと思っている女性たち。遠くは沖縄からの参加者も。企画者のTさんと対談形式で、これからの女性が社会で自分を生かしていくには・・・「キャラ立ち女子」の作り方、というタイトルでしたが・・・N氏の話に、みんな真剣にメモ、メモ。サービス精神旺盛なN氏のこれまで作ったCMもたくさん見せてもらいました。(センスいいCMばかり!見た目通りのユーモアたっぷりの面と、見た目と違ってちょっと繊細な感性の両面あるところがいい!)、パーティータイムにはなぜかNくんギターを持ってライブ。楽しませていただきました。恵比寿の洒落たビルの中で、これから何かを始めたい女性が集うイベント。こんな世界もあるのだなぁ。

会場を出ると、夜の空気は冷たい!厚着していてよかった。
[PR]