日曜日の午後

梅雨とはいえ、このじめじめと、気圧の低さに参っています。。。

さて昨日の日曜日。

今度の日曜日にある、チェンバロ同門生による発表会のための合わせ。師のご夫君(リコーダー奏者)のお弟子さんであるNさんも一緒に、ということで、前回からアンサンブルでご一緒させていただいております。今回はコレッリのソナタ。両師の熱意あるアドバイスをいただきながら、初回合わせ終了。もう少し練って、当日朝合わせをして本番です。お相手のNさん、お仕事をしながらのアマチュアの方ですが、現代音楽を専門にしていらっしゃる先生にあこがれての入門だったそうです。アマチュアと言えども、テクニックも音楽も見事なもの。今度の発表会、ソロでは現代ものも聞かせてくださるとのこと。楽しみです。私はソロではフローベルガーを弾く予定。フローベルガーのなんとも言えない漂う中にも深さを感じる音楽がたまらなく好きです。

さて、そのあと、横浜市都筑区で毎年おこなわれている「つづき合唱のつどい」を聞きにいってきました。かつてピアニストとしてご一緒させていただいていた「ハッピーたいむ」の演奏を聴きに。代表さんから「今回は苦肉の策なんです」と伺っていたので、何が起こるのか、と思っていましたら、なんと指揮者なしで、45名もの大人数がピアニストだけを頼りに「どこへ行ったの?マエストロ!」を熱唱。その内容は・・・書くと長くなるので、ハッピーたいむの「元カレ指揮者」氏のブログに詳しく書いてありましたので、そちらに飛んで読んでください。(怠慢お許しを)
 ↓ クリックしてね
♪♪♪♪♪

指揮者不在でも、指揮者と団員との強い強いつながりを感じる演奏でした。言葉も心もよく伝わって、見た目も美しかったですよ~!心から楽しませていただきました!!

一緒に聞きに行った地元仲間のお一人をお宅まで車で送っていったついでに?ちょっとだけお茶をいただいて帰ろうと思っておじゃましたら、根が生えてご主人が帰っていらっしゃるまでおしゃべり。最近手相の勉強をしている彼女にいろいろ見てもらいながら、人生のこと、子育てのこと、語り合いました。私の手相にはめずらしい相があるらしく、ご先祖さまに見守られているとのこと。ご先祖さまを大切にする気持ちも忘れないようにしなくては。
[PR]