二子玉川→荻窪

次女の幼稚園の時のお母さん仲間7名で、二子玉川のフレンチレストランでランチ忘年会。駅からほど近いところにあるこじんまりしたお洒落なレストラン。たまたま座った席で、「生活しっかり系」テーブル(4名)と「のほほん生活系」のテーブル(3名)に分かれたな、と。「生活系」の人たちは介護系のお仕事している人たちや薬剤師さん。「のほほん系」はフラワーアレンジメントの先生だったり、私だったり。話題は微妙に違ったりしましたが、お互い子供達が幼い頃からよく知っている仲なので、みんな余計な見栄もなく、久しぶりでいつもと違う刺激をいただきました。

c0061774_2305058.jpgランチのあとは、のほほん系の一人をお誘いして、荻窪へ。杉並公会堂にて、中央大の合唱団の定期演奏会。長女がフルートとピッコロでオケにのっていたので聴きに行ってみました。

杉並公会堂は高校生の時に行った以来。数年前に改築された、とは聞いていましたが、すっかりきれいになっていました。会場に上がる階段の壁面は一面ガラス。窓越しに見えるイルミネーションがきれい!

メンデルスゾーンの無伴奏合唱曲と、ベートーヴェンの第九。ピッコロはとにかく目立つので(出番は少ないけど)しっかり聞こえてきて親としてはお得。

中央大の合唱団の歴史も長いのですね。若い溌剌とした合唱。来年60周年の定期演奏会ではバッハのロ短調ミサをやる、というお話でした。
[PR]