一週間

今朝の空。何もなければ、素直に春の訪れを喜べるような青空だったのに。
c0061774_2153163.jpg


冷蔵庫の食材も底をついてきたので、二日ぶりに買い物に。先日は買いだめ?の人たちで殺気立っていたけれど、今日はむしろ閑散としている朝のスーパー。品物も、牛乳はまだ入荷されていなかったけれど、ほとんどのものが平常どおり十分にあったので、何も心配することはない、ということをあらためて確認できました。

被災地の無惨な光景、避難所での厳しい生活の様子、原発の大変な作業とどうなるかわからないゆくえ、など、毎日ニュースを見ているだけで、「いつまで続くのだろうか」と気持ちが折れそうになります。こんなに恵まれた環境にいるのだから、そんな甘えたことを言っていてはいけないのですけど。

我が家周辺は停電もありませんし、今日確認してきたように買い物にも不自由ありませんし、ほぼ平常通りに(合唱団の練習やレッスンはこのところお休み続きですが)、皆健康で過ごさせていただいております。なのに、何もできない不甲斐なさ。せめてもの節電。暖房も控えめに、でも風邪ひかないように気は抜かないで・・・とそのくらいのことしかできないなぁ。

今日はガソリンもなくなっているので、歩きで出かけましたが、途中コンビニの脇に薄紫色のかわいらしい花がたくさん咲いていました。花の色は鮮やかに目に映り、しぼんでいた心をほんのりと膨らませてくれました。


音楽も、花の色のようにしぼんだ心を膨らませることができるでしょうか。4月10日のコンサート、今の様子ですと厳しい状況の中でのコンサートとなるでしょうが、会場が停電などで使用できなくなったり、よほどの緊急事態にならない限り、予定通り開催いたします。祈りを込めて。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]