公開実技試験(弦)

某音楽高校「卒演」。今日は弦楽器の部。ヴァイオリン10名、ヴィオラ2名、チェロ4名、ハープ2名、計18名。

みんな熱演!曲も大きいしホントによく弾く(こればっかり)。中でもカサドの無伴奏チェロ組曲は特にすばらしい演奏だった!

伴奏はほとんど同学年のピアノ科の生徒がやり、それぞれみなよく弾いていた。一昨日のピアノの部の時に奏者によって音の響きが異なり、うまく響かせている子とまだうまく響かせられない子がいたことを書いた。今日、伴奏者として聴いていると、必ずしもソロの時の音の印象と同じでなかったことはおもしろかった。ソロでは悪くないけどあと一歩、と思えた子の響きが伴奏になると美しくバランスよく(ソロ楽器とも)鳴っていた。バルトークのヴァイオリン協奏曲の伴奏を教員であるピアニストが蓋全開で弾いたが、音量のコントロールもよく、ピアノの響きも当然よく、ソロの音を邪魔することなく共演されていたのはさすが。

本年度の卒演は金曜日の「管+邦楽」を残すのみ。時はどんどん過ぎていく。。。

一昨日に続いて一日聴いていたのと、片道2時間近い距離を往復してくたくた。。。いつも思うけど、長女はよくこんな遠いところを毎日通っているなぁ。(学校近くに下宿したいと言ってますが)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
・サン=サーンス:ファンタジー(ハープ)
・J.S.バッハ:シャコンヌ(ヴァイオリン)
・ポッパー:チェロ協奏曲 第2番 第1楽章
・バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章
・グランジャニー:ラプソディ(ハープ)
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章
・ラロ:チェロ協奏曲 第1楽章
・プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章
・プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第2,3楽章
・ブルッフ:スコットランド幻想曲 より(ヴァイオリン)
・カサド:無伴奏チェロ組曲
・グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲 全楽章
・バルトーク:ヴィオラ協奏曲 第1,3楽章
・プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1,2楽章
・ヒンデミット:ヴィオラソナタ 作品11-4
・シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 第1楽章
・ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲 第1番 第3,4楽章
・バルトーク:ヴァイオリン協奏曲 第2番 第1楽章 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
追伸~!
本日crojirooさんよりミュージックバトンなるものをいただきました!
明日にでもゆっくり回答させていただきますね~~。
[PR]