地域と音楽

今日は久しぶりで太極拳の練習に参加した。夏休み中ずっとおさぼりしていたから一ヶ月以上ぶり。いつもは近くの地区センターで練習すること多いが、最近利用者が増え(我が町はマンションもどんどん増え、人口増加の一途をたどっている)部屋を取りにくくなっている。

そこで今日は今年の春開校した近くの中学校内にあるコミュニティハウスにて練習があった。この中学校、元楽天の副社長が公募で校長先生に就任したということで話題にもなった学校。〈地域・学校連携施設〉と掲げているコミュニティハウスは学校とは直接関係はないが(たぶん)、開校と共に今年5月に活動を開始したところ。学校や地域と密接に結びつく場として様々な活動をしていこうとしている。

さて、久々の太極拳の練習で汗を流した後、その部屋に先月寄贈されたというアップライトのピアノがあったので、太極拳仲間達のリクエストもありちょっと弾かせていただいた。マホガニーの立派なピアノ。弾き終わってみたら、太極拳仲間のほかにこのハウスの女性館長さんがうしろで一緒に聞いていてくださった。この館長さん、ものすごく頭の回転が速く、判断力も決断力もあるすごい方!はじめてお会いしたのだけれどすっかり尊敬!私の演奏を聴いて、その直後に「ここで何か地域の人たちと楽しめるコンサートはできませんか?」

それならばということで、何かやりましょうか?という話からほんの10~20分くらいの間に日程も決まり、12月にクリスマスコンサートをやることに決定した。とにかく話が速い!内容はこれから検討して決めていくが、特色ある形で地域に根ざしたコンサートができれば、という館長さんの強い思いがある。

媚びることなく自然体で、音楽を身近に感じていただけるような活動をしていけたら、と常日頃から思う。台風14号の影響で神奈川県にも風が猛烈に吹きまくった(一時的にはものすごい雨も!)日の、思いがけない新たな出会いだった。
[PR]