携帯

昨日、渋谷への用事のついでに長女と待ち合わせをし、新しい携帯を買ってしまった。新しい、と言っても新機種が発売されるからひとつ古い型となってしまったものがぐんと値下げされたもの。前々からずっとほしいなぁ、と思っていた機種。何軒かお店を廻って価格調査のあと、まだどうしようか迷ったけれど、長女が「あんなにずっとほしかったのにガマンしてたんだし、ここまで下がったらこれ以上は値段も下がらないから買ってもいいんじゃないの」と言ってくれたので思いきって買わせていただいた。

帰ってきていろいろ試していたら画面に突然大きなバッテン×が出て消えてしまった!大慌てで娘のところに行って「消えちゃった~!」と言ったら「バッテリーがなくなったからだよ」と冷静。あ、そうか…と充電。こんなバカな自分ではなかったはずなのになぁ、少なくとも母からは「いつも落ち着いてるから頼りになるし」と言われている私なのになぁ。。。

長男も私の買った携帯をほんの数分さわってみて、これは使いたい機能だ、とか説明書も見ないのにどんどんマスターしている。。。

でも、こうやって親が頼りなくなることで子どもたちが「ああ、自分たちがしっかりしなくちゃ、もう母には頼っちゃおれん」という意識を持ち、大きく育っていくのかもしれない。。。私も立派に親の役目を果たしているんだ、と自ら納得。

c0061774_12175148.jpgc0061774_1294714.jpg
[PR]