安田正昭ピアノリサイタル

みなとみらい小ホールにて

◇プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」
ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番「テレーゼ」
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」

===================
安田正昭プロフィール

安田氏の演奏は今回はじめて聴かせていただきました。男性らしい骨太な音(細身の方なのですが…)と、叙情的な暖かい響きを持っているピアニスト。曲も曲だけに、多少気負ってしまった部分もあったようだけれど、構成力もあり、聴き応えのあるベートーヴェンで楽しかった。それぞれ結構長い曲だけれど、全然長く感じなかった。でも、これだけの曲を弾いたらさぞかしお疲れのことだろう。アンコールはG-durOp.49-2のソナタの2楽章と「エリーゼのために」、そして「エコセーズ」。

安田氏は長女の高校時代の副科のピアノの講師。…と言っても長女がおしえていただいたわけではなく、同じフルート科のお友達の先生。そのつながりで、長女がコンクールに出るときには応援に来てくださったり、直接の生徒でなくても皆に親しく指導してくださる優しい先生なのだ。いつも穏やかでニコニコして、生徒たちを見守っている先生からは想像できない情熱的な熱演で、ちょっと嬉しくなった。今後一層のご活躍を祈っています!
[PR]