山梨へ!

4月22日に山梨県立県民文化小ホールにて行われた「第21回古楽コンクール〈山梨〉」の本選を聴きに行った。とても響きのいいホール。6名の本選出場者の演奏を午前午後に分けて聴き、そのあと昨年受賞者のコンサート。
c0061774_19341234.jpg

カベソンなど古い時代の作品からスカルラッティやF・クープラン、そしてバッハ…と幅広いレパートリーが要求される。姿勢と脱力、それが音を自由に作り、音楽を表現する上でどれだけ大切か、ということを目の当たりに見た(聴いた?)気がする。あとはバッハの作品をテクニックと構成力を持った上で幅広い表現力を持って演奏することの難しさとおもしろさ、奥深いものだ。

別室にてたくさんのチェンバロが展示されており、試奏をすることもできた。いつもお世話になっている楽器製作者の久保田さんにもお目にかかれたし、野村さんという茅ヶ崎の楽器屋さんともお話してお知り合いになる。今度、試弾させていただきに訪ねてみたいと思う。


さて、コンクールを聞き終わったあとは、石和温泉へ!露天風呂で温泉を満喫(^^)
夜はたらふくの美味しいご馳走。めずらしいホロホロ鳥のお刺身にすきやき(山梨の名物なの?)
c0061774_19381061.jpg
c0061774_19383020.jpg


そして、山梨二日目は昇仙峡へ。
c0061774_19393165.jpg

c0061774_19395466.jpg

写真を撮りつつ、爽やかな空気の中を歩いてリフレッシュ。山にはまだ桜の花も咲いていた。
[PR]