古賀裕子チェンバロリサイタル

2007年11月25日(日)14:00~

伊藤ハープシコード工房にて

古賀裕子(チェンバロ)


◇プログラム
・ルイ・クープラン:組曲ニ短調
・フランソワ・クープラン:第3オルドルより
・ロワイエ:クラヴサン曲集より

・ラモー:新クラヴサン曲集 組曲イ短調
・フォルクレ:クラヴサン曲集 第4組曲より

=============

私の師のコンサートでした。会場は千葉県市原市にある伊藤ハープシコード工房。和風の住宅の中に吹き抜けの土間があり、そこが演奏会場。二階席も10席くらいあるけれど、そこが特等席。伊藤さんの作られた楽器2台を、1台(Goujonモデル)はヴェルサイユピッチで、もう1台のフレンチ(Taskinモデル)はカンマーピッチで。

c0061774_2345765.jpg


特に後半で弾かれた楽器(上の写真手前のフレンチ)は豊潤な響きがして、古賀先生もその楽器を十分に鳴らしきっておられ、潤いたっぷりの音楽と音色に包まれてほんとうに幸せなひとときでした。私ももう少しまじめにチェンバロに取り組もう、と思わずにいられませんでした。この先生のもとで勉強できてよかった、と。(…と言いながら、今月末にお願いしていたレッスンを本番近いからと先延ばしにしていただくお願いを今日演奏会後にしてしまった私…)

演奏会前には工房にある楽器を、演奏会後には演奏会で使われた楽器も、あれこれ弾かせていただくことができました。


この演奏会を聴きに行くにあたって、私を含めて3人いる弟子仲間のお一人Y子さんがすばらしいアイデアで引率してくださいました。Y子さんは他にもお友だちをお誘いになっており、総勢10名で横浜方面から市原まで高速バスを使って行くことになりました。

言われた時間に横浜駅東口にあるバスターミナルに行ってみると、こんなハガキ大パンフレットを…
c0061774_2250304.jpg

なんと、先生のリサイタルがツァーに。そのタイトルも「横浜駅出発・京急バスで行く秋の高速バスツァー」!!バスの時間、タクシー相乗りのメンバー表、お弁当の手配、交通費の計算…全部してくださったのでした。

今日はお天気もよく、ポカポカと暖かく、このところどこかにミニ旅行にでも出かけたい~と思っていた私にとって、素敵なコンサート付き小旅行気分が味わえ、楽しさ倍増!最高の一日でした。感性豊かに人をまとめる力のあるお人柄のY子さん、ほんとうにありがとうございました。深く感謝。

このY子さんをはじめ、先生や仲間を含めて、今日お目にかかりお知り合いになれたたくさんの方々それぞれ皆、すばらしいお人柄で私ももっと人間的に成長しなくてはいけないなぁ、と深く思いました。ずっと以前からいつも思っていることではありますが、今日はまた改めて強く思いました。自分の足りないところがいっぱい見えてきます。

最後に工房の伊藤さん、そしてさりげなく暖かく私たちをもてなしてくださった奥様、ありがとうございました。
[PR]