今年も夏みかん

午前中レッスンをしてから、次女の幼稚園の時のお友だちのお宅、吉祥寺まで。(次女は明日模試なので私だけ参加)もうここ何年も続いている恒例行事。今年は大人子ども合わせて20人ほどが集合。

今日はもう春のような陽気。お手伝いに同行してくださったお父さん3人と、成長した高校生の男の子2人が木に登ったり、柄の長い植木ばさみでどんどん夏みかんを落としてくれます。頭上から落ちてくるみかんを集めていると、みかんの良い香りがしてきます。

収穫量は一年おきによいそうなのですが、今年は少ない年。それでもこの量!400個くらいということ。昨年は600個くらいだったそうです。
c0061774_2363577.jpg


このお宅の夏みかんの木、次女のお友だちのお父さんが子どもの頃に庭にペッと飛ばした種から育った木なんだそうです。かれこれ50歳。木の生命はこれからが本番、なんだそうな…私もこれからか、と言いたいところですが(まだ50歳ではありませんよ、一応。。。^^;)木と人間では寿命が違うものね。

3歳か4歳の頃から知っている子どもたちが成長する姿を毎年見るのも楽しみ。今回も、子どもたちも親たちも、みんなそれぞれの個性ある道を歩んでいる様子を頼もしく聞かせてもらい、特にお母さん方の様々な社会での活躍振りに感心すること山のよう。。。来年は子どもたちが大学受験の年となるので、一段落した3月末に結果が良くても悪くても気にせず集まりましょう、ということで解散。

さて、いただいてきた夏みかんで今年もマーマレードうまくできるといいけど。うまくできれば、これがとっても美味しいのです!
[PR]