原田陽 第3回ヴァイオリンチャリティコンサート

-カンボジアの未来のために-

ハクジュホールにて

原田陽(ヴァイオリン)
古賀裕子(チェンバロ)
重松恵子(チェロ/ヴィオラ・ダ・ガンバ)



(プログラム)
F・クープラン:コンセール第9番「愛する人の肖像」ホ長調
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番 BWV.1003 イ短調
J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第2番 BWV.1015 イ長調

F.J.ハイドン:クラヴィーア・トリオ Hob.XV-1 ト短調
W.A.モーツァルト:クラヴィーア・トリオ第1番K.254 変ロ長調

======================
私は譜めくりをさせていただきました。

原田氏はまだ20代の若手ですが、いつも伸び伸びとした知性のある素敵な演奏を聴かせてくださいます。私のチェンバロの師である古賀裕子さんも柔軟で生き生きとした音楽でヴァイオリンを支えます。アンサンブルが楽しい。…とにかく本番の譜めくりは、自分が演奏する時とは違った緊張するもので、楽しみながらも、間違えないようにと必死でやってまいりました。いい演奏会でした。

画像はリハーサル風景。
c0061774_21553079.jpg




ここ数日身体も軽くなり、元気な時ってこんなかんじだったなぁと、今日も健康を味わいながら帰宅。身体が軽くなったと言っても、実際は、体調不良中運動量はうんと減っているのにしっかり食べていたから体重は増えてしまったんだけど。スカートもちょっときつくなったし。(泣) 


しばらくすると長男が手みやげを持って帰宅。めずらしいので「何?」って尋ねると「母の日やから。」だって。「mochicream」という、言ってみれば洋風だいふく。近くのデパートでも売っているのですが、いつも横目で見て素通りしていたものでした。Danke!
[PR]