混声合唱団「樹林」 第16回定期演奏会

2008年5月18日

ミューザ川崎 シンフォニーホールにて

髙田三郎   「水のいのち」

 指揮:辻 秀幸  ピアノ:岩崎能子


ドヴォルザーク 「Stabat Mater」

 指揮 辻 秀幸
 東京バッハカンタータアンサンブル
 ソプラノ :佐竹 由美
 ア ル ト :手嶋眞佐子
 テノール :中鉢   聡
 バ  ス :黒田  博
 


====================

昨日、私が練習ピアニストとして通っている合唱団の定期演奏会を聴きにいってまいりました。早速、昨日のうちに感想などアップするつもりが、なんだかものすごく疲れてしまって、一日遅れになってしまいました。

いやいや、疲れたのはヒドイ演奏だったからなのではありません!大曲を2曲、集中力をきらさず、むしろ最後に向けてどんどん集中力が増していく演奏となり、とってもいい演奏会でした。おそらく、のんびり第三者として聴かせていただいていたつもりでしたが、やっぱり身内の聴き方をしていたのでしょう。^^

私は昨日は聴かせていただいただけ。何もしていないのです。演奏されたみなさんは前日の練習、当日のゲネプロ、そして本番…あ、打ち上げも!気力で持っていたようなもので、きっとお宅にたどりついたらバタンキュー、だったと思います。腰を患ってしまった方もおられるようで…一日も早いご快復をお祈りいたします。

日頃から、言葉の意味、作品の意味をよく理解して歌うことを、わかりやすくていねいに指導しておられる指揮者陣、錚々たるソリストのみなさんの堂々とした演奏、そして、繊細でありダイナミックなピアノを弾かれたピアニスト岩崎さん、指揮者の意図を汲み取って演奏全体を支えてくださっていたオーケストラのみなさん、そのほか、打ち上げで紹介されていた様々な裏方のお仕事をされていた方々、そして、1300人以上という大勢のお客様、そういうものすごくたくさんの人々の力によって支えられて成功した、という意味でも、とってもいい演奏会だったと思います。

「水のいのち」…内容ももちろんですが、歌い手にも聴衆のみなさんにも自然に理解のできる言語で、どこまで作品の意味を伝えるか、という体験をすることは、母国語でない言語の作品を表現していく上でもプラスになったのではないかと思いながら聴かせていただきました。言葉のすみずみまで神経が行き届き、その言葉たちが響きとなった時には、ああこれが合唱の素晴らしさなんだ!と思わずにはいられませんでした。

ドヴォルザークでは、アカペラでとても美しい響きが聴かれたことが印象的。練習ではうまくいったりいかなかったり、でしたから、昨日は美しく響く音を聞いて「やった~!」と一人ほくそ笑んでおりました。…最後のクライマックスでは合唱とソリストの抑揚ある掛け合いに思わず涙しそうになったり…。

今年冬にはプラハにての公演もひかえているこのドヴォルザーク。淡泊な和食よりも、少しお肉っけをたくさん食べるようにして、もっと濃い、もっと粘りのある響きでプラハに乗り込んでいけるといいですね!

さて、昨日は何もしないのに打ち上げでいただいてしまったきれいな花束!ありがとうございました!
c0061774_17415274.jpg

また来期、ハイドンの「四季」でさらにレベルアップの演奏をめざしてまいりましょう!


※同じ日の同時刻に、私の友人がリサイタルを開いておられました。身をふたつにしてそちらにも伺いたかったものです。その演奏会を聴きに行った別の友人からは、その音の美しさと音楽の深さに感動して、からだに元気がよみがえったと話しておりました。次回のリサイタルにはぜひ伺いたいものです。
[PR]