美しき五月…♪

今日は太極拳に行きました。歩いて10分ほどにある地区センターまで。途中に、次女が卒業した小学校があります。校舎からは、みんなで教科書を読むかわいらしい元気いっぱいの声が。たぶん、ピカピカの新1年生の声でしょう。

我が家の子どもたちも大きくなり、ほとんど手もかからなくなりました。先輩お母さんたちに「子どもは手が掛からなくなったらなったで、今度は心配が増えるものよ」と聞かされていましたが、今まさにそうです。ほとんど手の届かないところで子どもたちが何を考え、どんな将来を築いていくものなのか……信頼するしかありませんが。

小学校から聞こえてきた、無邪気な新1年生たちの声。うちの子どもたちも、そして、私だって、かつてはそういう時代を過ぎてきた。。。私も同じように親に心配をかけてきたんだろうなぁ。

地区センターへの遊歩道。小さくても健気に咲いている野の花、よそ様の庭先で咲き誇る手入れの行き届いた美しい花たち。この季節、緑の中で、赤や黄色やオレンジ、ピンク、紫…と、鮮やかに目に飛び込んできます。

いろいろなことへの自分自身の力不足に滅入りそうになるとき、自然の中の色は心をなだめてくれます。花は神様からの贈り物なのかな。元気出してみたら?っていう控えめなメッセージのように思えたり。。。
[PR]