宴 Happy Birthday Fantasy

c0061774_2317130.jpg2008年6月17日(火)19時開演

津田ホールにて

《出演者》 辻音楽師のみなさま
  辻秀幸(テノール) 佐竹由美(ソプラノ)
  辻志朗(ピアノ)   辻 悦子(ピアノ)
  辻裕久(テノール) なかにしあかね
                (作曲、ピアノ)
《友情出演者》 
  菊池香苗(フルート) 
  田崎瑞博(チェロ)
  近藤郁夫(打楽器)

ちらしデザイン:辻沙織


==========================

平日の昼間だというのに渋谷の街は人と騒音でいっぱい。。。演奏会前にちょっと用事があって寄った渋谷。聞きたくもない音楽が街角のスピーカーから大音量で流され、ほとんどの人はその音を聞こうともせず通り過ぎる。サイレンを鳴らした消防車が走り抜けると、数日前の秋葉原の悪夢がここで起こってもおかしくない気がして背筋がちょっぴりゾクッ。

そんな喧騒をあとに千駄ヶ谷のホールへ。開場時間より少し早めに着いてしまいました。予想通り、すでにたくさんの人がよい席を取りたいと行列。あちこちの合唱団での顔見知りの方々があっちにもこっちにも。満員の客席!

今日は辻秀幸氏(ダヴィデヒデ氏)の50回目のお誕生日です。男3人兄弟のうち、末っ子の裕久さんもなんと同じ今日がお誕生日、ということで、企画され、実行されてしまったコンサート!何せ音楽一家(女性陣はみな3兄弟の奥様)だから、役者が揃っていてすばらしい。

プログラムの中に、次男志朗さんの「誕生日なのにコンサートなんてかんがえられねえ。俺だったら絶対旅行に行くー!」という言葉がかかれていましたが、まったく私もそう思います。私のために、私に聞かせてくれるコンサートを誰かが企画してくださるのなら大歓迎ですけどね!^^

それが、人生半世紀を迎えられた今日の主役はどこまでもサービス精神旺盛!じっくり聞かせる星野富弘さんの詩による歌曲を前半に持ってきて、後半には音楽狂言なる楽しいステージやら、酔っぱらいの歌やら…氏の持つ、多彩な芸風??を惜しみなく披露してくださいました。

次男志朗さんはやはり合唱指揮者としても活躍されているだけあって、ピアノの演奏もしっかりとした骨組みのある音楽を奏される。。。三男裕久さんの奥様である作曲家のなかにしあかねさんのピアノの音色も、柔らかく、そして煌めいていたなぁ。(…とつい、ピアノのことには特別な耳が働いてしまう。。。)

ご自分のお誕生日に楽しいコンサートを作り上げて大勢のみなさんに楽しんでもらおうという姿勢、そして演奏しているご本人たちもとっても楽しそう。これからも音楽を通して、大勢の人たちと心を通わせ、同じ音楽を、時間を共有していきたい、と願っておられるのだなとあらためて思いました。

今日の兄弟3人揃ってのステージを、今は亡きお父様、辻正行先生がきっと空の上から、目を細めてご覧になっていたことでしょう。

また、一人愛娘のさおりちゃん(美術系)の作られたチラシのデザイン。横からの姿がパパとそっくりなおさかながろうそくの炎にチュッ!暖かい辻ファミリーをみごとに表現されていますね。

コンサート最後には、客席も一緒に、全員でハッピーバースディの歌を合唱。(させられた?^^)
ポッ…と心に温もりが残るような暖かいコンサートでした。

あらためて、

お誕生日おめでとうございました!!
[PR]