集中力

先週から1週間以上、いろ~んなことがあったのにも関わらず、更新サボってしまいました。更新しろや~~!という有り難い声をいただき、また戻ってまいりました。

まず、先週一番の大きな出来事は、なんといっても中学時代の友人たちと集まったこと。関東在住組のうち、10名が集合。卒業以来の人がほとんど。見た目変わってる人、変わってない人、性格だって「こんな人やったっけ?」という人…いろいろですが、明大前にある同級生のお店は大阪と化し、どんな会話にもツッコミが入るテンポのよい会話は、やはり私にとってはなにものにも代え難くうれしいもので、明日からまたがんばろ!といった活力をもらえる集まりでした。秋には大阪にて大同窓会があります。地元でもっと多くの旧友たちに再会できるのが今から楽しみ。


さて、このところ、来週あるヴァイオリン発表会の伴奏で、8人の人のレッスンにつきあっています。。。毎年参加していて、様子もわかり、緊張しつつ練習を積み重ねている子もいれば、今年はじめて参加でまだステージの経験がない子も…

そういう発表会初体験の小2の男の子のレッスン…先週のレッスンの時には、先生から「今日はピアノの伴奏も付くのでとにかく通します。何があってもとまらないで最後まで弾いてください」と言われてはじめたにもかかわらず、はじめて伴奏がついたこともあったのでしょうが、ちょっとしたことですぐに止まり、その度に続けることを放棄し演奏中断。そして「あれ?」「おかしいな?」とひとりごと。。。

ステージでは困ったからといって、誰にも助けてもらえない。野球の試合中に飛んできたボールをたとえはじいてしまっても、すぐに体勢をたてなおしてフォローして塁に送球しようとするでしょう?それと同じだよ、ひとつの音でもし失敗してもあきらめず、すぐに次の音に続けることを考えなさい、と先生から説明され、じっと聞いていました。

どこまで理解したかなぁと思って見ていましたが、1週間が経ち、昨日のレッスンでは、まだまだ拙いところはあれども、ピシッとすみずみまで気持ちの行き届いたいい演奏で、先週からの進歩(技術、精神ともに)はものすごく大きいもの。お見事でした!

先週のレッスンで先生の話をきちんと理解してうちに持ち帰ったこと、何を目標に今自分が何をやらなくてはいけないか、をわかって毎日思い返しながら練習ができたこと、そして、レッスンの場でもそのことを集中してできたこと。昨日の最後のレッスンでも先生の注意を一生懸命反復しながら、集中してこなしていました。年齢に関係なく、こういう集中力のある人間は、何をやっても伸びるのだろうと思います。本番もきっとうまくいい集中力でのぞめるに違いありません。

こういうレッスンに立ち会えることはとても気持ちがいい!11日の本番にはみんないい演奏ができますように。(私も~。。。)
[PR]