カテゴリ:コンサート情報( 68 )

ずいぶん暖かくなりました。春ももうそこまで。

さて、先日4月10日のチェンバロサロンコンサートのお知らせをいたしましたが、アップしたチラシのサイズが小さく、内容がよく見えないので、もう一度お知らせさせていただきます。

こちらから  どうぞごらんくださいますように。
      ↓
加納文子チェンバロサロンコンサートのお知らせ


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
c0061774_1842461.jpg
4月にチェンバロのサロンコンサートを開くこととなりました。ピアノでなく、チェンバロ、です。会場は茗荷谷にある「ラ・リール」という素敵なサロン。友人のハープ奏者の方のお宅にある、定員は70名ほどのとても響きのよいホールです。

バッハのフランス組曲第5番を中心に、フローベルガー、フックス、F.クープラン・・・と、バッハに影響を与えた魅力ある作曲家たちの、魅力ある組曲ばかりを集めてみました。どの曲も、人の心の温かさや熱さがひしひしと感じられる、私の大好きな作品ばかりでもあります。


ぜひお誘い合わせの上おいでいただければ幸いです。



さて!今日は嬉しいプレゼントが届きました~!
c0061774_21424015.jpg

神戸のsugiちゃん、ありがと~~!



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
2011年2月20日(日)18:30~ 東京芸大構内新奏楽堂にて

とっても素敵で立派なチラシができています。美術学部の学生さんがデザインしてくれたものでしょう。
c0061774_22304019.jpg


◇プログラム

J.S.Bach
カンタータ第4番「キリストは死の縄目につながれたり」BWV 4
Kantate Nr.4"Christ lag in Todes Banden"BWV 4

〈ソプラノ〉
中江早希(第3曲)
伊藤菜穂子(第7曲)
〈アルト〉
村松稔之
〈テノール〉
金沢青児
〈バス〉
中川郁太郎

~器楽曲~
A.Corelli 
コンチェルト・グロッソOp.6 第8番 ト短調 《クリスマス・コンチェルト》
Concerto grosso Op.6-No.8 "Christmas Concerto"

J.S.Bach 
カンタータ第20番「おお永遠、そは雷の言葉」BWV 20
Kantate Nr.20"O Ewigkeit,du Donnerwort"BWV 20
〈アルト〉
村松稔之
〈テノール〉
圓谷俊貴(第2曲)
金沢青児(第3曲・第10曲)
〈バス〉
菅谷公博

指揮:井口 達
管弦楽と合唱:東京藝術大学バッハカンタータクラブ

入場料 1500円(全席自由)


ご興味があってチケットご希望の方は私のところまでご連絡くだされば用意できます。長女はなんとか卒業いたしましたが、現役部員として今回も出演いたします。今回のプログラムにフルートの入る曲がないために、合唱で出演、アンコールではフルートでの出番があるそうです。

同じ日に、このクラブのOBの方々の演奏会も昼間にあるので、私はハシゴします。同じ日にならなくてもいいのに。。。現役部員たちの演奏会にもぜひお運びくださいますよう。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
c0061774_2218129.jpg


私の中学校時代の友人が所属するア・カペラ合唱団(関西を中心に大活躍の実力派です!)の東京公演のご案内です。今回の演奏曲目が、なんと、あのシューベルトの「冬の旅」。ピアノが重要な役割を果たしているあの作品をア・カペラで??・・・なんてことをしてくれるの?!・・・とそれだけでも興味深かったのに、その編曲者が大学時代の同級生である千原英喜氏と知って益々興味津々!合唱作品も多く書いている旬の人とはいえ、すごいことやってのける作曲家です。別の用事もそこそこに、津田ホールに駆けつけて聴かせていただくことにしました。

懐かしさもあって、千原氏の奥様Mっちゃん(こちらも学生時代から仲良しの同級生ソプラノさん)にメールしたら、「冬の旅、シューベルトに千原英喜が乗り移って凄い曲になってるのでどうぞお楽しみにね!」というお返事をいただきました。作曲中にイタリア人の声が聞こえてきて、イタリア語で楽譜に指示を書き込んでしまう、ということのある作曲家ですから、きっとシューベルトが乗り移った?シューベルトに乗り移った??のでしょう。ほんとうに楽しみです。

11月7日、ご興味のある方、聴きにいらっしゃいませんか?!
c0061774_2222150.jpg


 ※ まえぶーさま、勝手にアップしてすみません。事後承諾で!
[PR]
今日も蒸し暑い一日でした。昨日おとといは夏のような暑さ。天気予報で「明日は平年並みの気温です」と言われても、もうどんなのがいつもの気温だったかを忘れてしまいます。

明日、あさってはお天気回復の模様でよかったよかった。

ということで、明後日5月9日。14時半よりあざみ野にありますアートフォーラムあざみ野にて、『音の小箱』12回目の演奏会をいたします。おかげさまで残席もわずか。当日券も若干出しますが、もしこれからでも「聴きにいってみよう」という方がいらっしゃいましたら、あと少し前売り券ありますので、どうぞコメント欄でもメールでもお知らせくださいませ。

チラシはこちらから
[PR]
今日の横浜は午後から冷たい雪、外は冷蔵庫のようでした。

c0061774_18235817.jpgそんな中、5月のコンサートのための三人初合わせ。ヴィオラ奏者二人。狭い我がチェンバロ練習室にて、堀あゆみさんと須藤三千代さん。ヴィオラ2台のための曲の練習風景(私は休憩中)を撮影!

須藤さん(私とお誕生日が一日違い。ちょっとだけ彼女が年下ですが!)は現在、東京フィルハーモニー交響楽団の首席ヴィオラ奏者としてお忙しくご活躍中。今日も連日のワーグナーの練習の合間の休日に練習にかけつけてくれました。彼女の演奏、久しぶりに聞かせていただきましたが、生き生きとした音楽性が素晴らしい!堀さんとのデュオ、ヴィオラ共演の饗宴、今から楽しみです。

『音の小箱』vol.12~バロックへの誘い② ヴィオラ饗宴~
2010年5月9日(日)14時30分開演(14時開場)

アートフォーラムあざみ野レクチャールームにて
◇演奏:堀あゆみ(ヴィオラ) 加納文子(チェンバロ)
    ゲスト:須藤三千代(ヴィオラ)
◇プログラム:
    ヴィヴァルディ:ソナタ 第1番 変ロ長調
    テレマン:2台のヴィオラのための協奏曲
    J.S.バッハ:フランス組曲第5番(チェンバロ独奏)
    J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第3番
    J.S.バッハ:ブランデンブルグ協奏曲第6番
                          ほか

アートフォーラムあざみ野のレクチャールームはコンサート専用のホールではありませんが、前回ホールの担当の方々のご協力も得て、セッティングなど工夫し、雰囲気も含めて、とてもいい状態で皆さまにバロック音楽の響きをお楽しみいただけたようです。今回も前回と同じ横田誠三さん製作の初期フレンチチェンバロを使用の予定。この楽器もほんとうにすばらしい楽器です。連休明けの休日、みなさまどうぞお誘い合わせの上、いらしてくださいね!

チラシはこちらから
[PR]
風邪気味現在進行形。・・・とは言っても、熱は出ないし、鼻と咳とだるさ程度。幸い休養を取る時間があるので、お仕事の合間にゴロゴロして回復めざしてます。風邪が流行っているようですし、今週末も寒さ厳しいようですので、皆さま体調にはお気をつけて。

・・・と書いたところで、週末のお誘いで申し訳ありませんが、先日もおしらせいたしました東京芸大バッハカンタータクラブの定期演奏会。明後日2月14日、バレンタインデーの夜です。よろしければお出かけくださいませ。私も聴きに行ってます!(咳、治さなくては!)
c0061774_2055274.jpg
c0061774_20563416.jpg

[PR]
今日は暖かい一日でした。
c0061774_1711948.jpg


2月のコンサートのおしらせ、ひとつ。


東京藝術大学バッハカンタータクラブ定期演奏会

2010年 2月14日 (日)
18:00 開場 18:30 開演
東京藝術大学構内新奏楽堂

入場料 1500円 全席自由

指揮 : 長岡聡季
演奏 : 東京藝術大学バッハカンタータクラブ

プログラム :
J.S.Bach
カンタータ 第39番 《飢えた人に貴方のパンを裂き与えよ》 BWV 39
ブランデンブルク協奏曲 第3番 ト長調 BWV 1048
カンタータ 第110番 《我らが口を笑いにて満たすべし》 BWV 110


詳細はこちらから→ ♪♪♪♪♪

長女、おそらく現役最後の定期演奏会になります。(卒業まだ確定してませんからね~。)たぶんカンタータ39番でフルート吹くのだと思います。

ご興味のある方、バレンタインデーの夜、よろしければどうぞいらしてみてください。チケットご希望の方は声かけてくださいね。
[PR]
来週日曜日の演奏会のおしらせです!

その前に・・・

9月末というのに、半袖でも汗ばむという日であった今日は、くりの実会と合唱コンクール。今年3月の定期演奏会以降、夏の小岩井合宿、午後練習など、これまで以上に細かい練習に取り組んできました。が、これまで何度も全国大会に進んできた合唱団たちが立ちはだかる壁は厚く、金賞狙いだとか?ブービー狙いだとか?だったようですが、残念ながら賞逃しの最下位(?)。会場ですれ違った若い男声合唱団の皆さん、ふと長女の中学時代の吹奏楽部の空気を思い出しました。^^

ということで、10月4日は岩手県遠野市にまいります。今年は例年より暖かいようですが、遠野はどんな気候でしょうか。主催「ひろしと愉快な仲間たち」のメンバーであるK重さんが作ってくださったチラシです。こちらでは18世紀フランスの楽器をモデルにした華やかなチェンバロを使わせていただきます。遠野のみなさま、遠野以外のみなさまもどうぞいらしてください。遠野いいところです!

c0061774_7233257.jpg

[PR]
昨日、家族も戻ってきて、独身生活はおしまい。元通り、また伸び伸びと羽根伸ばしたまま過ごさせていただいております。

さて、

藝祭

明日最終日、カンタータクラブの演奏があるそうなので、行ってみようと思います。第6ホールにて15時開演。長女も出演するそうです。・・・たぶん、そのはず。107番、43番。

9時から19時過ぎまで、バロックダンス、ベートーヴェン弦楽四重奏、モーツァルトピアノ協奏曲、ガムラン演奏、邦楽、ジャズなどなど・・・一日中、構内のあちこちのホールやピロティなどで学生たちによるいろいろな演奏が行われるようです!もちろん、美校構内では様々な展示が。

初日に上野公園を練り歩いた見事な御神輿(美校の人たち製作)もたくさん置いてあるだろうから、それを見るのも楽しみ。
[PR]