カテゴリ:合唱団( 83 )

選挙のあと、ミューザ川崎にて混声合唱団樹林の本番。バッハのイ長調ミサの第2キリエとグロリア。先々週の練習ではなんともたよりなかったのですが、昨日の練習で目が覚めたようになり、今日は一発勝負でミサ曲のほんの一部分を歌うということで、ベストの状態を出すには難しかったことと思いますが、それでも皆さんの前向きな姿勢は演奏にも現れ、来年5月の定期演奏会に向けて、いい意味でそれぞれの課題が見つかったようで、とてもよい本番になったと思います。

終わってから、打ち上げの暑気払い会。お店の座席の都合で3箇所に分かれましたが(なんと言っても樹林、今日の出演者は90名ですからね)、同じかたまりの席の方とは、ゆっくりお話もできて、いい時間でした。皆さん、歌に対して、ほんとうに熱心に取り組んでいらっしゃいます。それにしてもまっ昼間からよく飲みましたわ!

帰ってから上着をお店に忘れたことに気がつきました!お店を出るときにはどこに置いたかなと考えていたのですが、ほかの荷物のことを考えていたらすっかり忘れてしまいました。どじ。電話したらすぐに「あります!」ということでしたので、また川崎まで取りにいかなくちゃ~~。。。


反省すべきこともありますが、今日の一日に感謝☆☆
[PR]
by fumifumifumin | 2010-07-11 21:26 | 合唱団
長引いていた風邪、まだ咳は残りますが、今日夏を思わせるお日さまの下を歩いていて、日光消毒できて少しよくなってきたかんじです。

さて、今日のくりの実会の練習。スーパー売れっ子(特に合唱界)、実力派作曲家であり指揮者でもある松下耕さんのご指導を受けることができました。今やっている曲は2曲とも松下さんの作品。
c0061774_1754717.jpg

作品というのは、世の中に出回った段階で生みの親である作曲家の手を離れ、演奏家たちの手に委ねられ一人歩きしていくもの。そして、必ずしも作曲者自身の演奏が最もすばらしいもの、というものでもないと思います。でも、当然のことながら、作曲者の考え、思い、詩の解釈など、直々に伺えることは大きな大きな大きな収穫です。作曲者にとってみたら、一人歩き始めた我が子のような作品が、どこでどんな風に演奏されるのか、ほんとうに心配の尽きないことでしょう~。
c0061774_17512798.jpg

いつも小さな子供のレッスン(ピアノ)でも「作曲した人はひとつひとつの音にものすごくいっぱいの思いを詰めて書いているのだから、誠意を持って楽譜を見なさいね」というような話をするのですが、今日はそのような作曲家の作品ひとつひとつ、音ひとつひとつに対する熱い想いを直に感じることができ、松下さんの指揮で演奏できたことは、大きな刺激にもなったし、作品に対するイメージもさらに明確になり、貴重な時間でした。演奏する立場から言うと、作曲家が考えている以上の演奏ができるのが理想なのですけどね。
c0061774_17534174.jpg


合唱団のみなさんもきっとそれぞれに多くの収穫があったことと思います。2週間後、それが生かされますように!


※写真は、直接文章には関係ありませんが2010小岩井の思い出より。。。
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-21 19:09 | 合唱団
ゆったり、のんびり、練習のことだけ考えて過ごした3日間でしたが、練習に打ち込んだ分(!)帰宅と同時に眠気。すでに平常生活に戻っています。

さて、雫石での最終日。指導者はどうしても空き時間を作って遊びたい、と考えておられたようですが、いざ朝の練習を始めると集中集中!っていうか、やることがいっぱいあるので終われない!・・・ということで、まじめに目一杯の練習をギリギリまでして帰ってきました。

往路帰路も含めて、女学生の修学旅行みたいな楽しそうな合宿でしたが、休み時間にもパートで自主練習していらっしゃったり、普段ではできないていねいな練習もできて、とてもいい合宿となりました。

c0061774_925320.jpg

お庭で写真を撮ったりして、なごりを惜しみながら、居心地のよいペンション「アルカディア」をあとにして、盛岡に向かう途中に産直のお店へ。
c0061774_9401893.jpg

肉厚なシイタケや、なんだかんだと買ってレジに持っていったらピッタリ1000円!レジのお兄さんが「お買い物じょうず~」と言ってくれたので、思わず「ピッタリ賞って何かもらえないんですか~?」と言ってみたら、「じゃ」と袋に入れてくれたのが手前に写っているクッピーラムネ2袋。言ってみるものです。

帰りの新幹線では、徐々に晴れてきて、夕日がきれいでした。思わず夕空を見ると写真を撮りたくなってしまいます。動く新幹線内からですからあんまりいい写真ではありませんが。
c0061774_952397.jpg


日常を離れて、おいしい空気を吸いながら、同じ目的の仲間達と共に過ごす時間は、歌の練習ができるというだけでなく、自分をあらためて見直すいい時間になるのではないかと思います。主婦たちのアマチュア合唱団が東京から岩手まで合宿にいく、ってたしかにすごいことですが、それだけの収穫をみなさんしっかり得て帰られたのではないかと思いました。(帰りの新幹線でも車内販売のおねえさんを離さないでいっぱいお買い物もできたみたいだし~!!??)

お世話役をしてくださった方々、メンバーのみなさん、そして、代表さんと仲良く同じ風邪で体調悪い中、熱心な指導で合宿をひっぱって行かれた先生、お世話になりました。合宿でのこと、忘れないで、今後にちゃんとつながりますように!!

(2010小岩井合宿記 おしまい)
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-15 10:12 | 合唱団
合宿二日目。よく寝て、よく食べて、よく練習して、よく笑って。ちょっと寒い毎日でしたが、練習にも気合いが入ります。テンション高くないと歌えない曲ばかりで、夜寝付けなかった、という声もたくさん聞きましたが。。。

c0061774_22451823.jpg

二日目の夜には、「ラ・ラ・ガーデン」(上の写真)にて、しずくいし混声合唱団の方々と交流演奏会。響きのよいホールでお互いに演奏しあったあとに、くりの実会のみなさんは、しずくいし合唱団の皆さんを巻き込んで東京音頭もご披露(歌ではなく踊りを)。
c0061774_22384151.jpg

最後には「美しく青きドナウ」を全員で合唱。最後にはしずくいし合唱団の皆さんが歌でお見送りしてくださり感激。歌っていいものですね。

夜には数人でおしゃべりしながら、軽く一杯。。。

(その3に続く)
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-14 22:46 | 合唱団
ということで、2泊で文京区の合唱団「くりの実会」の30周年記念合宿を、岩手県雫石町にて終えて帰ってまいりました。

食べて、練習して、食べて、練習して、食べて、練習して、(ちょっと飲んで)、寝て・・・の二日間でした。

初日は盛岡に着いたら雨。超晴れ女である団長さんが、今回は風邪をひいて体調思わしくなく若干パワーが落ちていたせいか、晴れるまでには至りませんでしたが、それでも雨マークの天気予報の出ていた日にも雨を降らせず、曇り空にとどめてくださいました。気温は低く、現地の方々もビックリの寒い日々でしたが、緑は若々しく、桜もまだ散らずに私たちを迎えてくれました。昨日アップした写真は小岩井農場の一本桜。

初日は恒例(って、合宿は去年夏に続いて2回目ですが)の「まきば園」から始まります。盛岡駅に到着したときはかなり雨が降っていましたが、まきば園レストランでの昼食が終わると同時にあがり、傘なしでまわれました。
c0061774_21455394.jpg


寒かったけど、ソフトクリームは食べておかなくてはね。
c0061774_21475232.jpg

このあと、ヒツジさんたちと対面。かわいい子羊ちゃんたちもたくさんいました。
c0061774_21484035.jpg

c0061774_2149867.jpg


寒くなったので、ホットミルクを飲んで、いざペンションへ。

昨夏、お知り合いになって貸していただけることになった「ラ・ラ・ガーデン」にて、夕方まで練習。食事のあとには30周年記念パーティー。一口に30周年、というけれど、引っ張っていく方、サポートする方、ついていく方、ムードメーカーな方・・・等々、個性派揃いの皆さんの力と、指揮指導してこられた先生のお力で30年続いてきたのだと思います。これからの益々の発展に、私も微力ながら関わっていけますように。

(その2)に続く・・・
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-14 22:25 | 合唱団
c0061774_1521214.jpg

桜はまだ咲いてくれていました。

このあと練習です。
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-12 15:21 | 合唱団
今日の混声合唱団「樹林」はバッハのA-durミサの練習。先週に引き続きGloria。バッハを弾いていると、難しいこともたくさんあるけれど、ほんとうに幸せになります。
c0061774_012016.jpg

先々週も同じくGloriaの練習だったようなので(私はお休みの日)、今日で3週目。実のところ、先週の練習を聞いていて、前途多難~(汗)と思ったのでしたが、今日はさすが皆さん3週目、各自練習も積まれてきたのでしょう、かなりの進歩。本番までは1年以上もあるわけですから(来年5月)すばらしいバッハが仕上がる、でしょう!

練習会場までの往復の車の中では、今日はヴォルフガング・シュルツの奏するモーツァルト:フルート協奏曲第2番を聴きながら。伸びやかで、品のあるいい演奏!モーツァルトの音に包まれるのも幸せ。
[PR]
by fumifumifumin | 2010-03-06 23:49 | 合唱団
今日でもう1月もおしまい!昨夜は満月。
c0061774_8581816.jpg

この写真、わかりにくいですね~。練習に向かう道から見た練習会場です。空にはお月様。左に光るのは電灯。建物の上階(明かりのついている部屋)でみなさん、すでに発声練習していらっしゃいます。

混声合唱団「樹林」の練習。今期のプログラムの1曲であるバッハの小ミサA-dur、先週から練習が始まっています。バッハを愛しずっと学び続けてきている指導者の、おおらかで細やかで小気味いい指導が(ちょっと品格ないときありますが・・・ま、これはいつものこと)新鮮であり、来年5月の定期演奏会でどう実るのかが今から楽しみ。私も一緒に勉強しながら、皆さまとの時間を大切に過ごさせていただきたいと思います!

一方、おととい練習だった「くりの実会」。こちらも今年のおかあさんコーラス大会で歌う曲が決まり、肝を据えて練習が始まったところです。今年は「くりの実会」結成30周年だとか。記念のイベントも計画されています!実り多きものとなりますように。


今年は元旦も満月だった、ということで、今月二度目の満月。こういうのはたまにしかないことなので、その月(ブルームーンと呼ぶそうです)を見ると幸せになれる、とか。信じる信じないは別として、幸せになれる、ということなら気分いいですから、そういうことで!
[PR]
by fumifumifumin | 2010-01-31 09:51 | 合唱団
混声合唱団「樹林」今年最後の練習のあと、恒例のクリスマス会。

サンタさんネクタイの前代表。
c0061774_1474612.jpg


会場に行ってはじめて、今日は正指揮者の先生がやんごとなき事情で急にいらっしゃれなくなったので、代わりに出し物ができました、と、団員の方々による独唱が。私は賛美歌や、ハレルヤやハイドン四季の31番のあとに、初見で三人分の伴奏。副指揮者の先生も音楽部長さんの伴奏を急遽やることになり。。。さらに飛び入りでは、現代表さんや、前代表さん、そのほかの方々のソロも聴かせていただきました。でも楽しかった~!

役者揃いのこの合唱団、みなさん臆することなく、ご自分の得意な歌を披露してくださり、本当に歌の好きな方々の集まりなんだなぁと感心しきり。

時間も過ぎ、クリスマス会も終了。さて、駅まで歩くか、送迎バスに乗るか、と考えていたら、二次会?のお誘いが。テノールSさんご夫婦をはじめ、私を含めて7名であらためて飲み直し。商社勤めだった方々が多く、海外赴任中のお話など、やっぱり合唱団っていろいろな分野でご活躍だったみなさんなので話題が豊富。お誘いいただきありがとうございました。毎週は無理ですけど、また機会があったらご一緒させてくださいませ。

そうそう、いつもこの合唱団でも、いろいろな方から「ブログ見てます~!」と言っていただけるので、恥ずかしいような、嬉しいような、なのですが、どうぞ、ぜひ、必ず、コメントして行ってくださいね!お待ちしていま~す!

今後のさらなる成長を期待する合唱団。次の定期演奏会に向けて出発~!
[PR]
by fumifumifumin | 2009-12-27 02:08 | 合唱団
平年並みの気温が暖かく感じられる今日でした。爽やかないいお天気。お散歩日和でしたが、散歩はできず。

c0061774_0202995.jpg


出かけたのは暗くなってから。混声合唱団「樹林」の練習でした。今日はカルミナ・ブラーナ。メロディーは同じことの繰り返しでも、ちゃんと内容を理解して歌うとおもしろくなるよ、といつものように、言葉の意味の説明が指導者から楽しく丁寧に。来年早々、新春コンサートで吹奏楽と協演とのこと。

11月に入ってすぐ、あちこちでクリスマスの飾り付けが姿を見せ始め、早すぎない~?って思いましたが、いつのまにか今年もあと1ヶ月と10日!
[PR]
by fumifumifumin | 2009-11-22 00:36 | 合唱団