<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

8月もあと明日一日を残すのみ。日中はまだ暑いものの、朝夕には涼しい風も流れ、虫の音も秋の気配。もうすぐ私の好きな季節、秋。

毎日バタバタと日常に追われ過ごしているとふとどこかへ飛び出したくなる。突然誰も知らない間に誰も知らないところに行っちゃったら、みんな困るかなぁ?気がつかれなかったりして!…なんてことは、子どもたちがまだ幼い頃によく考えたものだった。あの頃は自分自身の時間っていうものが少なかったからそう考えたものだったけれど、最近はまた違った意味で「放浪願望」?が頭をよぎる。

今の世の中、情報が飛び交い、誰でもがネットを通じて世界中のあらゆることを知ることのできる環境にあり、飛行機に乗ればいつでも地球の裏側にも行ける。宇宙にだって飛び出して行ける世の中。メールはもちろん、携帯同士で海外にいる人とも直接話したりメールしたりすることだってできるんだから!その昔、命を賭けて山越えをし、大切な手紙を運んだ「飛脚」さんが知ったら目を回してひっくり返るだろう!

世の中には本当に様々な人柄、様々な才能を持った素敵な人たちがたくさんいるものだ。居ながらにして、世界のあちこちにいる様々な人たちのブログやメールを見るに付け、知らない世界がどんどん広がり、あたかも自分で見てきたような気分にもなり、ちょうど雑誌や写真を見て旅行気分に浸るように、様々な世界を経験できるような気持ちになる。いろいろな人たちの物事の見方、興味深く刺激も多い。世界が広がる。

でも、所詮ネット上の世界。世界は狭くなった、と言うけれど、知らないことがなんて多いんだろう、と気づかされる。自分の知らない世界を知れば知るほど、自分が益々ちっぽけな存在に思えてくる。

人間が生まれてから死ぬまでに経験できることって一体どれだけなんだろう?もちろん、人によって様々だということはわかるけど、すべてのことを知るなんてことは、どんな優秀な人でも不可能。たいした能力も感性もない自分にとって、一体どれだけのことを体験して一生を終えていくのだろう、とふと思う。

もっと違う生き方もあるんだろうなぁ、と、未知の土地からの便りを受け取ったとき(メールであったり、ブログであったり…)ふと、知らないところに飛び出してみたくなったりするこの頃。。。

でも、目の前のことに追われて結局いつもと同じ日々を過ごすこの頃。。。
(^o^)v
[PR]
今日は友人のヴィオラ奏者堀あゆみさんらの所属するオーケストラの演奏会のおしらせです。

*************************

第31回定期演奏会

2005年10月12日(水)19時開演
東京文化会館小ホール

 指揮・ヴァイオリン:エヴァルド・ダネル


  ◇プログラム
  ヴィヴァルディ;合奏協奏曲「四季」op.8,1~4
  シベリウス:ロマンス(弦楽オーケストラのための)ハ長調op.42
  レスピーギ:リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲

*************************

ダネル氏の指揮での演奏会は2度目でしょうか?前回私も聞かせていただきましたが、ダネル氏の躍動感ある音楽性に、オケ全体が一体となってとても充実した響きを作り出し、満足した気持ちで帰ることので来た楽しい演奏会でした。今回も期待できます!

さらに11月には…

*************************

第22回「箱根の秋」音楽祭

箱根仙石原文化センター

2005年11月19日(土)19時開演

 指揮:イーゴリ・ブラジュコフ

     (ウクライナ国立交響楽団元音楽監督)

  ◇プログラム
  ペルコレージ:弦楽のための交響曲 ヘ短調
  モーツァルト:アダージョとフーガ
  日本の歌
  チャイコフスキー:弦楽のためのセレナーデ

2005年11月20日(日)14時開演

 チェロ:花崎薫

     (新日本フィルハーモニー交響楽団首席チェロ奏者)

  ◇プログラム
  モーツァルト:ディヴェルティメントKV.138
  シューベルト:アルペジョーネ・ソナタ
  モーツァルト:ディヴェルティメントKV.334

*************************

箱根に一泊して二日間続けて音楽を楽しむのもヨシ、日曜日だけ日帰りで箱根にちょこっと出かけてみるのもヨシ!

詳細はこちらへ
[PR]
友人のコンサートのおしらせです!
まったくの偶然なのですが、かつて私もまったく同じプログラムでコンサートをやったことがあります。なかなか弾き応え、聴き応えのするプログラム。2台ピアノの醍醐味が味わえるコンサートになるでしょう。

つくばエクスプレスが開通したから、つくばだって秋葉原から45分!
…でもうちから秋葉原まで45分以上もかかるんですよねぇ。。。
私は銀座に聞きに行きます!

*************************

オーケストラ編曲のあるピアノデュオ曲を集めて
ピアノ:榊原道子、 米元えり


2005年9月23日(金/祝日)開演2時
     つくば・ノバホール

2005年10月23日(日)開演2時
     銀座王子ホール


◇プログラム
   ホルスト:惑星
   ラヴェル:マ・メール・ロア
   ラヴェル:ラ・ヴァルス

詳細はこちらへ
[PR]
いろいろなことが次々とあったのに、更新さぼっている。。。「帰省日記」もまだ残っているけどまずはチェンバロデビューのことから。

2005年8月19日(金)
第4回 東工大 野田メトーデ講座
-コントラバスを美しく弾くために-
東京工業大学・大岡山キャンパス、百年記念館3F フェライト会議室


ちょうど1年前から始めたチェンバロ。野田一郎さんから依頼を受けて、まだ自信がないので少々迷ったがよいチャンスと思ってお引き受けし、今回の「野田メトーデ講座」にて秘やかなる?チェンバロデビューとなった。100名近い講座聴講の方々に聴いていただいたのだから、ちっとも秘やかではないですが(^^;)

◇演奏曲目◇
エックレス:ソナタ第1楽章
ヘンデル:協奏曲 全楽章 (原曲:オーボエ協奏曲)


当日朝。。。

朝起きたら、半年前に借りてから今までなんのトラブルもなく使ってきたイタリアンヴァージナルの弦が夜中のうちに一本切れていた!この楽器を運んで使うのに!予備の弦を持っていなかったのだ。焦った。でもよく調べたら幸い数回しか使わない音だったので、切れたまま使うことに。ツメの予備は気にしていたのに…今後はちゃんと弦もスペアを持っておくこと。教訓!
先生、楽器製作者のKさん、朝から何度も電話でお騒がせしてすみませんでした!

朝はちょっと焦ったけど、1オクターヴ下の音を使うことで切れた弦のことではまったく問題なく演奏できた。演奏した感想…「楽しかったけど、難しい~!」難しい点はいろいろとあるが、今は述べません。次回またコンサート等でみなさまに聞いていただけるときには、進化できているようにしたいと思います!

さて、「野田メトーデ講座」について。「コントラバスを美しく弾くため」の要点がうまく整理され、内容のわりには短い時間ではあったが、実演をまじえながらわかりやすく説明された。何より、野田さんの実演が短いフレーズではあるのだがどれも見事な音楽で「まいりました!」!

チェンバロ演奏はともかく、我が家に借りているイタリアンヴァージナルを会場に持ち込んだのだが、楽器を見られたこと、音を聞けたことをすごく喜んでくださった方が何人も声をかけてくださったことが嬉しかった。これだけでも行った甲斐はあったかな。
c0061774_19483386.jpg

終わったあとは恒例の懇親会。予想以上の参加者でギュウギュウ詰めだったが、新しいお仲間も増え、また来年につながっていく。

自分で車に楽器を積み込んで会場入り(会場では男性方に運んでいただきましたが)。待ち時間には調律、休憩時間にも調律、と、いつもは自分の楽器を運ぶこともなく、調律も注文だけつけて調律師さんにお願いしているピアニストとしては、結構ハードな、でもちょっといつもと違う楽しい一日でもあった。(^^;)
[PR]
夫の実家には家族5人で帰った。長男は半日ずつずれてバイクで昼間の移動。残りの4人は往きも帰りも車で夜中の移動。実家でもそれぞれ好きに行動。滞在中日を越えた8月11日も分かれて行動。

長男はどこやらに大阪のバイク部品屋さんでの顔なじみの人たちとバーベキューに。数えるほどしかそのお店には行ってないはずなのにそんなお友達がどうしてできるんだろう?と思ったが、どうやらネットの中で普段から交流があるらしい。

長女はこの日も神戸文化ホールに神戸国際フルートコンクールの第3次予選を聴きに行く。

次女と私と夫の3人で、私が前々から行きたいと言っていた熊野古道に行くことになった。途中日本一長い鉄の吊り橋に立ち寄る。高さは53m、長さは297m。危険なので20人以上一緒に渡らないでください、と出ている。奈良県十津川村の谷瀬橋。
c0061774_19522241.jpg


真ん中あたりまで来て振り返るとこんなかんじ。よく揺れてとっても「吊り橋」だった。すれ違うおじさんの顔が引きつっていたりする。(^^)
c0061774_19531192.jpg



夏休みなので子どもが多い。橋の両際に係のおじ(い)さんがいて、ちょっとでも子どもが小走りしようものなら、即座にマイクで「そこの子ども!歩きなさい!!危ないから走ったらいけませんッ!!」と厳しい口調がなんともほほえましい。それでも、地元の人たちはこの橋を通学路として使っているらしいし、郵便屋さんはバイクで走り抜けるということらしい。

…と、とっても楽しい橋渡り(往復)を終えて、熊野本宮の「道の駅」に向かう。

c0061774_201468.jpg


ここに車を置いて熊野本宮大社まで「熊野古道」(世界遺産)を歩く。私たちが歩いたのは三軒茶屋から大社まで。ずっと昔から多くの人たちが大社を参るために歩いてきた道。藤原定家もここを歩いたんだなぁ。。。
c0061774_2041144.jpg



熊野本宮大社

c0061774_1891396.jpg


c0061774_1882116.jpg



熊野本宮大社をお参りしたあと、おそばとくず餅を食べてまた道の駅に戻る。今度は国道に沿って歩いたら、やたらに長く感じた。。。

次回はもう少し南下して、那智の滝あたりまで行きたいなぁ。
[PR]
by fumifumifumin | 2005-08-18 20:25 |
大阪に到着した翌日は早速友人を訪ねて外泊!

長女も三宮に来ている高校の友人と遊ぶから、ということなので一緒に三宮まで出る。そのあと私は芦屋に戻り友人宅へ。一緒にランチして(甘鯛の西京漬け絶品!)まるでホテルのような彼女の部屋でおもてなしを受ける。夕方には長女とも合流して夕食を堪能し(淡路島の鶏、美味し!)二人で泊めてもらう。Kちゃん、ありがとう!

翌日は、神戸に住む従姉に渡すものがあったので芦屋駅でちょこっと会い、そのまま明石へ!こすぎちゃんと再会。明石といえば、悶絶お鮨屋さん!前日おいしいものをたらふく食べたのであまり入らないかと思って行ったが、なんのその!最初のスズキを一口食べた途端そんなこと忘れていくらでもお腹に入った。文句なく美味しい。コリコリした歯ごたえ。魚の甘み。この地域には珍しくジャイアンツファンであるオジサンが旬のネタを次々と出してくれる。子どもの頃淡路島から車で売りに来ていた「おさかなやさん」と同じ味。至福のひととき。食べるのに身体中集中していたので画像はナシ!

食後に魚の棚商店街で蛸や焼き穴子を鑑賞?小さい頃から父に「明石に行ったら道路を蛸がにょろ~りにょろ~りと歩いてる」と聞かされていたものだったが、この日散歩している蛸は見かけなかった(^^)

そのあと、神戸に出て船で神戸港遊覧。風もあって結構揺れてたけど、人も少なく満腹の午後うつらうつらしそうな、いい気持ちで約50分。

幼稚園の遠足以来のポートタワー。あの時ポートタワーを見上げた時の空気を今でもはっきり記憶している。あらためて「ポートタワーここにあったんだな。。。」という気持ち。
c0061774_1227152.jpg

それにしても神戸も暑い!涼みがてら神戸阪急など二人でウロウロする。そのあと、美味しいケーキを目指していざ三宮へ!

4年に一回開催される神戸国際フルートコンクールの予選をその日聞きに行った長女と待ち合わせ、軽く夕食をすませ帰宅。夕方落雷があったらしくJRは遅れていたけど私たちの帰路に影響はなかった。こすぎちゃん、夜までつきあってくださってありがとう!お世話になりました。
[PR]
by fumifumifumin | 2005-08-16 13:12 |
ただいま~!一週間の帰省より戻ってまいりました。

先週日曜日午前0時頃家を出発。中央高速にて美ヶ原高原を廻って帰りました。美ヶ原に着いたのは午前4時半ごろ?!日の出を待ちながら車内で爆睡。(私はそれまでも熟睡してたんですけど)7時頃に娘二人と朝のお散歩。横浜はムシムシ暑かったけど、さすがに高原ではたくさん歩いてうっすら汗ばむくらい、20度を下回る快適な気温。
c0061774_10133527.jpg


上の写真では気持ちよく晴れているのですが、その数分前まではこんな霧でした!先がなんにも見えない。。。

c0061774_10141397.jpg



そのあと9時の開館を待ち、美しが丘高原美術館を見て回りました。たくさんの彫刻が緑いっぱいの草原に展示されていて、見ながら1時間ほどのお散歩。(全部ていねいに見たら2時間近くかかりそう)この日は朝からたくさん歩けて健康的!あんまり気持ちいいのでちょっとピアノ弾いてきました。(うそ)
c0061774_10143259.jpg


朝取りの甘~い完熟トマトをおみやげに、夕方無事大阪に到着!一日目終了!!
[PR]
by fumifumifumin | 2005-08-14 10:34 |
羽伸ばし中です!!

一昨日は芦屋で、昨日は神戸で一日過ごしました!
お世話になった皆様、ほんとにどうもありがとう。
おいしいものいっぱい食べてます。
しっかり体重増えて帰ることになりそうです。

ただ今義父のパソコンから書き込みしてますが、画面の見え方って設定の仕方で違うものなんですね。

毎日暑いけど夏休み後半に突入いたします!
[PR]
今夜遅くから大阪に向かいます。一週間ほど羽を伸ばしてきます。(って夫の実家で伸び伸び羽を伸ばす嫁!^^;)

…ということで、途中ブログも更新できればしたいとは思っていますが、しばらく姿を消します!パソコンへのメールも一応携帯でチェックができるようにはなっていますが、お返事は戻ってきてからになるかもしれませんので、ご了承くださいませ。

暑い毎日、どうぞみなさまお元気でお過ごしください。

関西方面のみなさ~ん!もうすぐそちらに行きますからね~!
[PR]
by fumifumifumin | 2005-08-06 14:06 | おしらせ
数ヶ月前に買ったプリンターはコピー機能もついているので最近はコンビニでコピーする機会も減った。A4サイズまでしか使えないけれど結構便利。カラーコピーもできるし。

昨日は最近ではめずらしく出先でコピーをした。家から車で少なくとも30分は離れているコンビニ。お昼頃、合唱団の練習の帰りに立ち寄った。

今朝、ある楽譜がないことに気がついた。昨日コピー機にはさんだままコンビニに置いてきたのだった。いつも原稿忘れのないようにと気をつける方なのにやってしまった。。。たまたま今日の午前中同じ方向に用事があったのでついでに立ち寄ることができた。

「すみません。昨日コピーしたときに取り忘れて帰ってしまったんですけど…ピンク色の表紙の楽譜なんですけど届いていませんか?」

コンビニのおばさん、「ピンク色、ピンク色…」と言いながら奥の棚をさがしてくださった。あった!ああいう楽譜を持っていってしまう人はいないだろうと、なぜか大丈夫だと思っていた反面、昨日もらったばかりの新しい楽譜だったので、戻ってきてホッとする。

やっぱりコピーは家でするにかぎると思った。
でも、こんなこともあった。

ある方からウィーンで手に入れたという楽譜を貸していただいた。もう一人の方からは同じ曲のスコアを借りて帰った。家でコピーすれば表紙はカラーコピーできるし…なんて考えながらコピーしようとしたら、たまたまインクがなくなって交換。シアン(青色)を変えていた。

飛んだ!取り替えた古い方のカートリッジを袋に入れて捨てようとしていたら、インクが飛んだ!借りた楽譜に…それも両方ともに。。。うわあ、どうしよう!!と血の気がひいたけれどどうしようもない。コンビニでさっさとコピーしてきていたらこんなことにならなかったのに…と思っても後の祭り。。。まずはコピー。

私の手元にあるそのコピー譜には黒い水玉がついている。後日それぞれの持ち主にお返しした楽譜には青い水玉がついている。幸い音符には関係ない場所だったのが救いだけれど、Kさん、Nさん、ごめんなさい。お優しいこのお二方は(顔では)笑って許してくださいましたが、この水玉模様のついたコピー譜を見るたびに私はこの失敗を思い出すでしょう。今後インクのカートリッジを交換するときには大事なものをそばに置きませ~ん!
[PR]