<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日、夕食の準備の最中に火傷。本番前日なのに怪我するなんてプロとして失格??(時々やるんですけど^^;)フライパンは熱いうちに洗った方が油汚れが簡単に落ちるので、いつものように洗っていたら、ちょっと手元が狂ってごく軽い火傷。ちょっと水ぶくれになっているけれど、ピアノを弾く時には直接関係ない箇所なので問題なし。

みんなで重いものを運んだりする時、音楽家以外の方々と一緒だと、必ず「こんなもの運んだら大事な指を痛めてはいけないのでやらないでください!」と暖かいお言葉を頂戴する。それでも普段そんなにいたわっているわけではないから、そんな時ばかり「はいそうですね」とお仕事をさぼるわけにはいかない。大抵「そんなヤワな手にできてませんから」と一緒に働かせていただくことにしている。

演奏家で本格的お料理をされる方もたくさんいらっしゃるし、庭仕事が趣味の演奏家もいる。手のことばかり気にしていて、何も楽しめないのでは人生の楽しみ半減。私もそのうちステンドグラスに挑戦したいと思っている。ガラスは手を怪我する危険もありますよ、と言われていますが…(^^)

そうは言っても、怪我のせいで思うように演奏ができないのでは困るし、聴きにきてくださる方々に失礼でもある。本番前にも食事の支度からは絶対逃げられないのは仕方ないのだから、もっと心して気をつけなくてはならない、とちょっと反省。(火傷の反省してる暇があったら練習したら?って天の声も聞こえてきますが…)

あ、明日は万全の体調で。元気いっぱいで演奏会を楽しみたいと思っています。みなさまにもお楽しみいただければ幸いです。
[PR]
銀行に行った。月末なのでたくさん並んでいるATMにも行列。並んで順番を待っている間、何気なくきこえてきているBGMが気になりだした。なんというのか、気分よさそうには弾いているんだけど上っ面だけというのか。。。誰が弾いてんの??どこのオケ??指揮は誰??。。。カルメン(オーケストラ)やら幻想即興曲(ピアノ)やら…いろいろ。

BGM(BackGround Music)をウィキペディア(Wikipedia)で調べてみると…
バックグラウンドミュージックはその場の主役にはならないが、その場を演出するために使用される音楽である。

なるほど。主役になっちゃいけないから、BGMには適度な雰囲気のあるだけの演奏の方がいいってことか。。。

考えてみたら、あまりの名演、熱演が流れていたら、みんな用事が済んでもなかなか帰らなくなって銀行も困るでしょうからね。

お店で名曲、と言えばそのむかしは「名曲喫茶」なんて、学校帰りにちょっと友人たちと寄ったりしましたが、懐かしいです。今でもあるそうですね。
[PR]
初夏のような日がたまにあるから、もうすっかり春、と思うし、考えてみればもう4月も終わるし、ほんとうに春なんだし、今日みたいに寒いと体調を整えるのが大変。

長男も長女も風邪気味。長女は軽い咳をしながらも通学。長男は昨日と今日めずらしくついに学校を休んでいた。でも、成長したもので、黙ってひたすら寝て風邪を治すことを心がけていたみたいで、本日夕方には起きてきてバイクの手入れをする、と外に出ていたからもう大丈夫でしょう。手がかからなくなった。食事、洗濯、アイロンがけはまだしてやってるけど。。。

今日は午前中は合唱団の練習に出かけたけれど、帰ってからは夕方に自宅でレッスンが少しあっただけ。練習は夜にまわして午後はほんのちょっと、いつもと違うカップにコーヒーを入れて静かな時間を過ごしてみた。滅多にないゆるやかな時間。オランダみやげのコーヒーおいしいです。
[PR]
シリーズ音戯奏詩 第15章「How many hands?」

以前にもご紹介しましたが、いよいよ来週となりました。手前ミソですが、なかなかおもしろく楽しめるいいプログラムだと思います。今日は小林仁氏と連弾の練習をしてきましたが、またあれこれ氏の編曲作品が書棚から登場しました。内緒ですがここだけの話、当日アンコールには誰もがよく知っている有名な曲たちの編曲版(2台ピアノ版)が用意されています。これがまた絶対にお聞き得!ぜひ一人でも多くの方に聞いていただきたいなぁと思います。

当日券もありますが、もしチケットご希望の方はお早めにご一報いただければと思います。
[PR]
みなとみらい小ホールにて

◇プログラム
ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番「熱情」
ベートーヴェン:ピアノソナタ第24番「テレーゼ」
ベートーヴェン:ピアノソナタ第29番「ハンマークラヴィーア」

===================
安田正昭プロフィール

安田氏の演奏は今回はじめて聴かせていただきました。男性らしい骨太な音(細身の方なのですが…)と、叙情的な暖かい響きを持っているピアニスト。曲も曲だけに、多少気負ってしまった部分もあったようだけれど、構成力もあり、聴き応えのあるベートーヴェンで楽しかった。それぞれ結構長い曲だけれど、全然長く感じなかった。でも、これだけの曲を弾いたらさぞかしお疲れのことだろう。アンコールはG-durOp.49-2のソナタの2楽章と「エリーゼのために」、そして「エコセーズ」。

安田氏は長女の高校時代の副科のピアノの講師。…と言っても長女がおしえていただいたわけではなく、同じフルート科のお友達の先生。そのつながりで、長女がコンクールに出るときには応援に来てくださったり、直接の生徒でなくても皆に親しく指導してくださる優しい先生なのだ。いつも穏やかでニコニコして、生徒たちを見守っている先生からは想像できない情熱的な熱演で、ちょっと嬉しくなった。今後一層のご活躍を祈っています!
[PR]
東京芸術劇場においてランチタイムパイプオルガンコンサートがあり、ちょうど今度の演奏会で弾くことになっているレーガーの作品(私はピアノの連弾で弾く)が演奏されるので、聞きに行ってきた。アクセルのママにおつきあいいただいて。

会場内でアクセルのママとおしゃべりしながら開演を待っていたら電話。某合唱指揮者から。「今、芸術劇場でランチタイムコンサートを待っているところ」と話すと、「え!おまえ、芸劇のオルガン弾くようになったの?!!」と。。。ありがとうございます。そんな風に一瞬でも勘違いしていただける私は幸せです(^^)

演奏者はイェンス・コンドルファー氏。1978年生まれの若手。

◇プログラム
《バロックタイプオルガン使用》
・ヴィヴァルディ(J.S.バッハ編曲):協奏曲イ短調BWV593
《ルネッサンスタイプオルガン使用》
・スウェーリンク:イ調のエコー・ファンタジア

《モダンタイプオルガン使用》
・ボワヴァン:「グラン・ディアローグを4つの鍵盤で」(第3旋法による組曲)
・ブラームス:「「わが心の切なる願い」(11のコラール集op.122)
・レーガー:序奏とパッサカリア ニ短調 作品番号なし

モダンタイプのオルガンは平均律で調律してある以外に、具体的にはどういうところが違うんだろう??(勉強不足)音は明らかに違う。私はバロックタイプやルネッサンスタイプの方が好き。以前に同じく芸術劇場のオルガンコンサートを聞いたときにもそう思ったっけ。

お目当てのレーガー、さすがオルガンで弾くと迫力満点。私は一人じゃ一生弾けないだろうなぁ。。。なんであんなに自由に足が動くんだ??

5/1(みなとみらい小ホール)にはレーガー自身がピアノ連弾用に編曲した版を小林仁氏との連弾で演奏する。オルガンはもちろんいいけど、実はピアノでもなかなかいい響きがするものなのです(^^)v
[PR]
塾講師募集のハガキ。一体誰に来たんだろう?と宛名書きを見ると…

c0061774_1956591.jpg


長女宛だった。。。今春大学生になった人たちみんなに送られているんだろう。う~ん、それにしても…やっぱり一応相手を選んだほうがいいと思うけど?(^^;)
[PR]
by fumifumifumin | 2006-04-19 20:13 | 家族
今日が私のHPのお誕生日です。何気なくはじめてしまった、特に内容もないHPですが、4歳になりました。人間の子どもならもう幼稚園に通ってもいい年齢です。

今日は外も暖かく5月中旬の陽気とか。

思うようにならないこともたくさんあるけれど、やりたいことたくさんやらせていただいて、見えない糸でたくさんの方々と繋がっていることにも感謝して、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

見ているだけでなく、ぜひ多くのみなさん、掲示板やブログへの書き込みもしていってください!お待ちしております!(いかがわしい書き込みは困るんですけどね。。。最近多い。)

c0061774_12451333.gif

[PR]
by fumifumifumin | 2006-04-18 12:47 | ネット
パソコン不調でバタバタしていてすっかり忘れていましたが、去る4月14日(金)の毎日新聞夕刊に5/1の演奏会の案内が掲載されていました。

首都圏62万部ほど出回っているそうですが、一体そのうちの何人の人が見てくれたことでしょう。私も数日してから以前掲載されると言われていたことを思い出し、古新聞袋から拾い出して見つけました。私の親のところも同じ新聞をとっていますが、全然知らなかったようです。だからここにも載せます。せっかくなので皆さんも見てください。
c0061774_21505428.jpg


広告なので驚くこともないのですが、二つとなりに前川清&梅沢富美男、三つとなりに美川憲一の広告も載っていて、なんとなく美川憲一のお隣だとよかったなぁなんて思ってみたり。。。(別にファンではありません)

c0061774_21575757.jpg

[PR]
10日間ほど使えなくなっていたパソコンが復活。いろいろなデータが入っていたので使えなくなったら、と心配していましたが、元通りになりました。こういうときにも修理に出さなくても、休日でさえあればなんとか治してくれる人が家にいることはとっても有り難いこと。(だからいつまでたっても自分でなにもできないんだけど・・・)

その間届いていたメールのうち480通は変な迷惑メール。大事なメールも混じっているので一度に削除するわけにもいかず。。。

今日は5/1の演奏会(シリーズ音戯奏詩 第十五章)の練習に恩師の家に出演者一同集合。5月、と言うとまだ先のような気がしてしまうのだけれど、手帳をめくるとすぐそこに5月1日がある。。。4月31日、と思っていた方がいいかも。。。あと半月。楽しい演奏会になりますように。
[PR]
by fumifumifumin | 2006-04-16 21:09 | ネット