<   2006年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2006年10月29日(日)14時開演

東京文化会館小ホールにて

沼田園子(ヴァイオリン)
蓼沼明美(ピアノ)

◇プログラム
・モーツァルト:ヴァイオリンとピアノのためのソナタKV.454
・ベートーヴェン:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番
・ルトスワフスキ:ヴァイオリンとピアノのためのパルティータ
・フォーレ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番
(アンコール)
・フォーレ:子守唄

=====================
どちらも高校時代からの同級生。久しぶりに聞かせていただいた。学生時代からとりわけ実力のあった二人のコンビだから、鬼に金棒?どの作品に対しても正面から取り組んで、お互いに信頼しあって、伸び伸びと自分たちの音楽をしていて、さすがの演奏。フォーレでは私の思っているイメージとは少し違う捉え方をしていたように思ったけれど、20年の積み重ねは大きく、蓋全開のピアノも決してヴァイオリンの音を邪魔せず、むしろもっと鳴っていてもいいくらいだった。いいコンビ!
[PR]
平岡陽子(Vn.) 
加納文子(Pf.)

坂井田邸サロン(西武池袋線ひばりヶ丘)にて


◇プログラム
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
  Kv.302 Kv.303 Kv.379 Kv.526
========================
とても素敵な坂井田さんのお宅でのサロンコンサート。ネット関係も、そうでないお友だちもたくさん来てくださってありがとうございました。素晴らしい作品を音に出来る幸せ。楽しく演奏できました。でも、やっぱり天才モーツァルトの域には全然まだ手が届いていなかったなぁ、という実感。いつの日か少しでも届く日がくるでしょうか。このような貴重な経験にお誘いくださったヴァイオリニスト平岡さんにも感謝。
c0061774_2264678.jpg


秋の一連のコンサートが今日で一段落。私にとっては、今までで一番ハードな季節でした。でも、思い切り取り組めて充実した時期でもありました。今日は伸び伸び、久々に焼酎お湯割り、楽しみました!(注:久々とは言っても、先日コンサート打ち上げでは飲んでいます。…ちゃんと言っておかないと突っ込み入りそうだから…)
[PR]
2006年10月28日(土)15:00開演

平岡陽子(Vn.) 
加納文子(Pf.)


坂井田邸サロン(西武池袋線ひばりヶ丘)にて

◇プログラム
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
  Kv.302 Kv.303 Kv.379 Kv.526

入場料:3000円 学生2000円(飲み物、お菓子付き)


まだ若干、席を準備できるそうです。さらにお誘い合わせの上、秋の午後のひとときをモーツァルトの音楽でお楽しみいただければと思います。生き生きした躍動感、伸び伸びとした流れ、驚くような展開、深い悲しみのフレーズ、繊細で愛らしい旋律、神々しさ……嗚呼、モーツァルト!
[PR]

外出なしの一日。一昨日合唱団のみなさんにいただいたお花を見ながら、ゆったりモーツァルトのヴァイオリンソナタに取り組む。

c0061774_18332151.jpg

外は雨。
百合の香りが部屋いっぱい。
[PR]
2006年10月21日(土)

町田市民ホールにて

指揮:辻秀幸
ピアノ:加納文子


13:30開演ということで朝早くから慌ただしくゲネプロ。ゲネプロではなんだかたよりない演奏でちょっと心配になりましたが、本番ではみなさんパワー全開、ステージを楽しんで本番を終えることができました。本番に至るまで、毎週の正規練習に加えて、メンバーが一丸となって朝練、午後練、の自主練習を重ねてこられた努力には敬服。積み重ねが自信にもなって、失敗も含めてやるだけのことはできたという充実感でみなさんスッキリされていることと思います。

ほどよい緊張感もあり、私も集中して演奏できました。
みなさんお疲れさま。

打ち上げでは、日頃ゆっくりお話できないみなさんとも楽しく時を過ごせて、二次会では珍しく眠くて眠くて、でもみなさんの会話はちゃんと聞いてました。たぶん…

さて、今日から今週末のモーツァルト:ヴァイオリンソナタに専念。

下の画像は一昨日、ヴァイオリンとの合わせをした日のランチ。三宿交差点にある香港麺のお店で。具は何にしようか、迷ったあげく、「全部具入り」というのに。エビ入りワンタンがプリプリで美味しかった。スープも気持ち塩分多かったけど、鶏ガラであっさり美味。元気補充。
c0061774_12582048.jpg

[PR]
by fumifumifumin | 2006-10-22 13:03 | 合唱団
フィリアホールにて

ピアノ:ワルター・デラハント


◇プログラム
・ブラームス:ヴァイオリンソナタ第1番 ト長調 「雨の歌」
・J.S.バッハ*無伴奏パルティータ第2番より シャコンヌ

・ショーソン:詩曲 作品25
・サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 作品20

(アンコール)
・ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
・チャイコフスキー(イダ・ヘンデル編曲):「白鳥の湖」より第3幕
・ヘンデル(カール・フレッシュ編曲):祈り

========================
伝説のヴァイオリニストとも呼ばれるイダ・ヘンデルのリサイタル。幼い頃に、カール・フレッシュやジョルジュ・エネスコに基礎を学んだという。小柄な身体からは想像がつかないような、太く、強く、エネルギッシュな音楽。張りつめた緊張感。美しいだけでない音色。いぶし銀。

80才過ぎたら、普通ステージと舞台袖を何回も往復するだけで疲れるんじゃない?と思うところだけれど、テクニックも見事だし、もちろん全部暗譜。

細かい感想たくさんあるけど、今日はこれにて。

     
[PR]
~ピアノ四重奏~

2006年10月16日(月)19時開演
みなとみらい小ホールにて

加納文子(ピアノ)
堀内麻貴(ヴァイオリン)
堀あゆみ(ヴィオラ)
花崎 薫(チェロ)


◇プログラム
フォーレ:ピアノ四重奏曲第1番ハ短調作品15
ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番ト短調作品25
=======================

みなさまのおかげで無事?終わりました。聴きにきてくださったみなさま、共演者のみなさん、そして今回の演奏のチャンスを作ってくださった主催のmilkycafeさん、ほんとうにありがとうごさいました。我々演奏者で「ウナギ」と「ステーキ」のようなプログラムだ~と言っていた30分を越える大曲が2曲並ぶ演奏会でしたが、はじめて聴いた方々にも楽しんでいただけたようでホッとしています。アンコールには「お茶漬け」を?ということでモーツァルトのピアノ四重奏曲第2番Es-durより第2楽章を演奏しました。終わってからも、たくさんの方々から暖かいお言葉をいただき、嬉しく思っています。

c0061774_9551796.jpg

打ち上げのビールのおいしかったこと!!一口飲んでから撮影。。。
[PR]
しばらく「弾きこもり」しておりましたが、今日は私がいつも伴奏させていただいている混声合唱団樹林の定期演奏会の日だったので、ミューザ川崎まで出かけて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。はじめはちょっと緊張気味のミヒャエル・ハイドンのレクイエムでしたが、「モーツァルトの百面相」ではぶっちぎれ(でも品が悪くならないのが不思議)最高に楽しいステージでした。衣装も華やかですごくキレイだった!モーツァルトのレクイエムも指揮者辻秀幸氏の熱いハートの音楽で、合唱も熱演。立派な演奏でした。

さて、帰ってきてみたら、先日ネットショップ開店のおしらせでご紹介した、遠野の松田酒店の店長さんでいらっしゃるK重さんから「40000」のキリ番をゲットされたとのメールをいただいていた。ありがとうございます!!
c0061774_23472413.jpg


明日は「クラシックサロン 音楽の愉しみvol.1~ピアノ四重奏」がみなとみらい小ホールにて19時開演です。素晴らしい作品をたくさんのみなさまに聴いていただきたく、メンバー一同心を込めて演奏いたします。当日券もあるようですので、どうぞお出かけくださいませ!お待ちしております!!

そう、そして今日は長女の19回目のお誕生日でした。自分でバナナケーキ焼いて、バナナジュース作ってました。私もおすそわけもらいました。
[PR]
その気になれば、仕事のある日でもかなりの練習時間が捻出できることが判明。平生は一体何をしていたんだ?というくらい。反省…!ここのところちょっとした買い物に出かけるのも無精して、ひらすら練習時間確保。

やってもやっても時間は足りないけど、やればやるほど発見が…

本番が近づいてきて味わえるおもしろさ(苦しさ?とも…)。
[PR]
第33回定期演奏会

東京文化会館小ホールにて


ホルン:フランク・ロイド
テノール:小林彰英
指揮:山本真

モーツァルト:ディヴェルティメント へ長調 KV.138
モーツァルト:ホルン協奏曲第4番変ホ長調 KV.495

ブリテン:シンプルシンフォニー 作品4    
ブリテン:テノール、ホルンと弦楽オーケストラのための
                     「セレナーデ」 op.31

======================
イギリスから、富士山に登るために来日したという(←団員情報)ロイド氏の演奏。素晴らしいホルンだった!特にブリテンでは、細かいパッセージも軽やかに、音色もいろいろ、美しい音から張りのある強い音、暗く憂いのある音。低音から高音までいい音で響き、歌を歌っているように、そしてリズムは身体の中から自然に湧いてくるように。聞いていてほんとうに気持ちよかった!

======================
c0061774_22144632.jpg

上野に少し早く着いたので、公園のベンチに座って読書。時折吹く強い風が去った後、どこからともなく踏まれた銀杏の臭いがプ~~ン。秋だなぁ。
[PR]