<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鳥取(夫の出張先)の市場からクール宅急便で送られてきた松葉ガニ。
c0061774_20591931.jpg



生で… プルプル甘い。
c0061774_210257.jpg



茹でて… どう?かわいく撮れてるでしょう?^^  
       ミソもあっさりして美味しいのです! 
c0061774_2104849.jpg



焼いて… 香ばしいかおりが最高。甘みもたっぷり。
c0061774_211145.jpg


日本酒とよく合います。
無言で食べた今夜の夕食。でも、カニってもっとたくさん食べられそうな気がするのに、意外に早くお腹いっぱいになるものです。満腹。満足。ごちそうさま!
[PR]
by fumifumifumin | 2007-01-28 21:14 | 家族
2007年2月17日(土) 18:00開場 18:30開演

東京芸術大学構内奏楽堂

全席自由 1,500円



プログラム

J.S.Bach

昇天祭オラトリオ≪神を讃えよ、その諸々の国において≫
Himmelfahrts-Oratorium "Lobet Gott, in seinen Reichen" BWV 11

カンタータ第147番≪心と口と行いと生活が≫
Kantate Nr.147 "Herz und Mund und Tat und Leben" BWV 147

ブランデンブルク協奏曲第5番 ニ長調 BWV 1050
Brandenburgische Konzert Nr.5 D-Dur BWV 1050
チェンバロ独奏:小林道夫


指揮:渡辺祐介


東京藝術大学バッハカンタータクラブ

=======================
長女の所属するカンタータクラブの定期演奏会のお知らせです。(今回長女は合唱で参加)

小林道夫先生のチェンバロがとっても楽しみです。カンタータ147番の中の「主よ、人の望みの喜びよ」のコラールは、様々な器楽曲としても編曲され、広く親しまれている曲。
[PR]
2007年1月20日(土)

アートフォーラムあざみ野レクチャールームにて

堀あゆみ(ヴィオラ)
加納文子(ピアノ)


◇プログラム◇

フンメル:「ドン・ジョバンニ」の主題による幻想曲
ウェーバー:民謡の主題による6つの変奏曲
グラナドス:スペイン舞曲 より 第2番「オリエンタル」
                    第5番「アンダルーサ」
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番「アリア:カンタレーナ」
ヒンデミット:古い民謡の主題による「白鳥を焼く男」 より
                    Ⅲ.変奏曲「白鳥を焼く男」

ベルリオーズ:ヴィオラ独奏付き交響曲「イタリアのハロルド」
                     第1楽章 より
シューマン:ピアノとヴィオラのための「おとぎの絵本」
ウェーバー:アンダンテとハンガリー風ロンド

(アンコール)
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
シューマン:トロイメライ

=================
このシリーズも8回目となりましたが、今回もたくさんの方々に来ていただき、感謝しております。はじめて来てくださった方々、そして常連になってくださっている皆様からも、楽しめるコンサートだった、という言葉を多くいただきました。いつも感じますが、演奏会というのは、演奏者はもちろんよい演奏をしなくてはなりませんが、聞いてくださる方々と一緒になってはじめて、よいコンサートが作り上げられると思います。今回も、暖かい雰囲気の中で演奏できたことをとても嬉しく思っております。ありがとうございました。

シューマンの「おとぎの絵本」を中心に、今回はヴィオラのオリジナル作品を多く取り上げました。次回は今年中にもう一度できればよい、と考えておりますが、決まり次第おしらせさせていただきます。次回9回目のサブタイトルは「愛、哀歌、心の旅…」ちょっと、演歌っぽい??

1/19のコンサートも行って来ました!
[PR]
ベートーヴェン:ピアノトリオ 変ロ長調 作品11 「街の歌」
フォーレ:ピアノトリオ ニ短調 作品120
ドヴォルザーク:ピアノトリオ ホ短調 作品90 「ドゥムキー」

ピアノ:榊原道子
ヴァイオリン:山田圭子
チェロ:松永みづほ

2007年 1月19日(金)午後7時開演
ルーテル市ヶ谷センター

=================
私の友人のコンサート。

すでに、昨年末につくばにて同プログラムの公演が行われたが
今回は東京、ルーテル市ヶ谷センターにての公演。
[PR]
2007年1月20日(土)

14:30開演(14:00開場)

アートフォーラムあざみ野レクチャールーム


堀あゆみ(ヴィオラ)
加納文子(ピアノ)


◇プログラム◇

グラナドス:スペイン舞曲 より
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第5番
ウェーバー:アンダンテとハンガリー風ロンド
ヒンデミット:「白鳥を焼く男」 より
ベルリオーズ:「イタリアのハロルド」 より
シューマン:ピアノとヴィオラのための「おとぎの絵本」
                       ほか

===================

お正月が明けて、最後の追い込みで準備しております。
シューマンの晩年の作品「おとぎの絵本」を中心に。

今回も欲張って盛りだくさんなプログラムになってしまいました。
きっとお楽しみいただけると思います。
どうぞ、皆様お誘い合わせの上、ご来場くださいますよう
お願い申し上げます。

お待ちしておりま~す!
[PR]
昨夜、11時過ぎに大阪を発ち、今朝5時前に帰宅しました。帰りはずっと長男の運転でした。


昨日は大阪でジャパン・ヴィルトゥオーソ・シンフォニー・オーケストラのコンサートを聴いてきました。シンフォニーホールにて。日本各地のオーケストラのコンサートマスターや首席奏者たちで組まれたオーケストラ。あの顔、この顔。今、流行のベートーヴェンの7番交響曲と、チャイコフスキーの5番交響曲、というプログラム。チャイコフスキーの2楽章、よかったです。低弦、私は3階のライト席に座っていたので姿はまったく見えませんでしたが、特にコントラバスがなかなかよかったです。しっかり鳴って支えていました。

アンコールは「すみれの花咲くころ」と「六甲おろし」(^^)さすが大阪ですね!


さて、今日からレッスン開始。遅ればせながら、2007年スタート!
[PR]
大阪からです。年末年始、のんびり過ごしております。^^

子育て一段落から演奏活動に復帰して10年が過ぎたところで、今年はまた新たな気持ちで、また気負わず、やっていけたらと思っております。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]