<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

昨日は横浜のフランス菓子メーテルリンクにて、本日1月27日に252回目のお誕生日を迎えたモーツァルトのヴァイオリンソナタの演奏会。メーテルリンク、と言えば「青い鳥」。ピアノの向こうの壁には青い鳥の絵がかかっています。
c0061774_19535751.jpg


お店のピアノはニューヨークスタィンウェイ。最近調整をしなおしたそうで反応もよく、音質も揃っていてコントロールしやすい楽器。お店の床も以前は木だったのが大理石にかわっていて響きもよくなっていたのではないでしょうか。

Kv.304のホ短調ソナタのメヌエットに涙が出そうだったという感想もいただきました。聞きに来ていた次女もメヌエットが一番心に残ったと言っていました。本当に名曲です。お母さんが亡くなった悲しみの中で書かれたと言われるこの曲は、モーツァルトのヴァイオリンソナタの中で唯一の短調の作品です。

さて、このお店には「テーマソング」があります。かつて知り合いの作曲家の方に書いてもらったというピアノソロのためのかわいいメヌエット。最近その楽譜をいただいたので、アンコールにヴァイオリンとピアノのためにプチアレンジして弾かせていただきました。
c0061774_2035816.jpg


コンサート終了後のお店は、テーブルと椅子を元に戻してすぐに打ち上げ会場に!お店のオーナーさんご夫妻、息子さん、お客様のお一人、出演者二人、聞きに来ていた次女、の7人で打ち上げ。みんなで歓談しながらのエスカルゴにワイン、美味しかった~!お店のタルトもいただきました。
c0061774_19583984.jpg
 

今回と同プログラムで3月16日(日)には駒場東大前のムジクピアフォーヌにても演奏させていただきます。ぜひみなさまいらしてください。お待ちしております。
[PR]
今日は駒込での合唱団の練習後、まっすぐモーツァルトの合わせに向かう予定だったのですが、いつもの中華に行こう、とお誘いを受け、それでも最初はまっすぐ帰ろうと思っていたのですが、明日の本番の英気を養うためにという理由をつけて、行ってしまいました。久々のダヴィランチ。(毎度同じような画像になりますが…)

今日は、ほかのお仲間も何人かお誘いしていたのですが、結局来られたのはソプラノのCちゃんだけ。はじめてのとりそばに満足していただけた様子。ダヴィデ氏は風邪のシーズンにはやっぱりネギそば、だそうです。
c0061774_23134741.jpg


今日は焼き餃子も。もう味がついていますからそのままどうぞ、と言われた焼き餃子。アツアツでいただくと、中から肉汁が…ジューシー!^^
c0061774_2315650.jpg


こちらはおなじみ水餃子。
c0061774_23162929.jpg


そして今日の私はネギチャーハン。オムライスのようなふわふわ卵が口当たりよく、ネギや桜エビ、胡麻の風味のチャーハンをまろやかに包みます。^^
c0061774_23176100.jpg


食べ終わったあとに笑顔になれるっていいね、と三人で満足してお店をあとに。やっぱり行ってよかった!今日来られなかったみなさんもまたぜひご一緒しましょうね!

もちろん、このあとにはモーツァルトの合わせに行きました。

[PR]
昨日は雪。今日は晴。昨日は太極拳をお休みし、今日は予定のことがなくなったので、二日ともゆったりしたペースでじっくりピアノに向かうことができました。特に今日は青い空で気持ち良く晴れ、コーヒーを入れて時々休憩を取りながら窓をあけて空気を入れ換えてみたり、こういう過ごし方も時々はしたいもの。

先日の太極拳の講習の時に、もっと気をつけなくてはならないと感じた「含胸抜背」ということが、ピアノを弾くときにも大いに関係あるなぁと思いながらの練習。(この「含胸抜背」についてはまた今度あらためて)

…と、いい感じで過ごせたのですが、最後の最後が悪かった。。。!

(ここからちょっとローカルな駅名がいくつも出てきますがお許しを!)

夕方7時頃に次女から電話。「渋谷まで帰ってきたけど、人身事故で電車が渋谷で止まっちゃった」とのこと。田園都市線高津駅での人身事故らしい。この頃多いなぁ。。。昨年末にもたしか田園都市線市が尾駅で人身事故があったはず。

東横線を利用して横浜経由で帰ってくるといいから、と伝え、次女もそのようにするつもりで東横線乗り場まで行ったらしいのですが、すごい混雑だったことと、田園都市線が動き出したというアナウンスが流れたからと、戻って乗り込んだら、今度は用賀で線路の不具合が見つかり、またまた全線不通となり、渋谷から各停で4つ目の桜新町で降ろされてしまったと。。。バスで二子玉川までの振替輸送もあったみたいだけれど、バス停まで10分ほど歩かなくてはならない、ということだったので、私が桜新町まで車で迎えに行くことに。すでに8時半を過ぎていました。

往きはそれほど道も混まずに30分ほどで桜新町に到着。桜新町はかつて長女がフルートのレッスンに通っていたところだったので、様子もわかっていたので迷わず到着。駅前も人がうじゃうじゃ。お迎えの車も多いし、救急車やなぜか消防自動車までたくさん停まってた!帰路は案の定、下り246号もタクシーがいっぱいで渋滞。諦めてノンビリ帰ってきましたが、やっと家に着いたのはもう11時。

次女は渋谷駅で改札規制のための人混みの中でも、人間ウォッチングをしながら、買ったばかりの日本史の参考書を読んでたらしい。。。「駅員さんがサラリーマンのおじさんたちに文句言われてたけど、駅員さんが気の毒だったよ」と。

長女は…不通騒ぎがもう関係なくなった時間に、何も知らずに帰ってくるんだろうな。。。
[PR]
昨日、太極拳初段の検定を受けるため、いつものお仲間お二人と3人で神奈川県大和市にある大和スポーツセンターへ。前日の土曜日には事前講習会があったので、同じ会場にてまるまる二日を過ごしました。全国各地で行われている検定、神奈川では今回初段を受けにきた人は170人くらいだったでしょうか。

c0061774_17543984.jpg


初日土曜日の講習会では、朝10時から午後4時まで、途中お昼休憩1時間を挟んで、ほとんど休みなくみっちり練習。そのあと、翌日の検定試験リハーサルなるものをやったので終わったのは5時半。講習後はそのまま混声合唱団「樹林」の練習へ。ドヴォルザークのスターバト・マーテルを弾いていると、さっきまで武道場で太極拳をやっていたことが別世界のことのよう。

さて、検定当日の日曜日、まずは簡単な筆記試験。漢字間違えないようにていねいに書いて。。。そのあとは、自主練習で時間を過ごし、私の順番が終わったのは午後3時頃。検定では、ただシ~~~ンと静まりかえった広い体育館で、審査員を前に1グループ6人が各自のペースで簡化24式太極拳というものをやります。慣れないことを人前でやる一発勝負というのも緊張するものです。

とにかく終わり、まるまる二日みっちり太極拳。お正月明けからの不調も加えて日頃そんなに身体を動かすことがないからへとへと。でも、意外に身体がスッキリさわやかではありました。なんでもそうですが、やればやっただけできないことも見えてきて、もっとできるようになりたくなる。。。

さて、また今週末のモーツァルトに向けてエンジンかけなくちゃ。こちらもやればやるほどやりたいこと、やるべきことが湧いてくるから。。。
[PR]
by fumifumifumin | 2008-01-21 19:06 | 太極拳
今日は駒込での合唱団の練習の帰り道、寒さも厳しいからまた中華そばで心と体を温めて帰りたいところでしたが、まっすぐモーツァルトのヴァイオリンソナタの相棒宅へ。来週末のコンサートに向けて、3曲を合わせてきました。

c0061774_2111271.jpgc0061774_2112685.jpg

相棒宅のお玄関にこんなシンビジウムが…店先で名前を見て思わず買ってしまったそうです。こんな名前のお花があるんですね。ちょっとうるさそうな名前ですが。。。

さて、3月16日に同プログラムでのコンサートを計画しておりますが、シリーズ最終回を、モーツァルトのお誕生日にもしたい、とのヴァイオリニストの希望があり、会場の都合で日曜日は使えず一日早い1月26日(土)となりましたが、横浜駅から徒歩5分ほどにある美味しいケーキ屋さん「メーテルリンク」でも、ささやかにコンサートを開くことになりました。(内容は決して「ささやか」ではないのですけれど。。。)とっても有名なホ短調のソナタも演奏いたします。

3月16日に駒場東大前の会場までお越しいただけない方で、横浜なら、と言う方がいらっしゃいましたら、どうぞモーツァルトバースディイブのヴァイオリンソナタ「メーテルリンク」公演に足をお運びくださいませ。

決して食べ物で皆様を釣ろうとしているわけではないのですが、このお店のタルトがホントにとっても美味しいのです。メーテルリンクで開かれるコンサートはいつもそのタルトのお土産付きなのです。

=====================

平岡陽子モーツァルトシリーズ
(第5回、最終回)

2008年1月26日(土)19:00開演


フランス菓子メーテルリンクにて

平岡陽子(ヴァイオリン)
加納文子(ピアノ)


モーツァルト:
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
Kv.304 Kv.378 Kv.481

一般3000円学生2000円
(チケットは電話予約のうえ当日精算。お土産ケーキ付き)
お問い合わせ  Tel.045-314-0139

主催:メーテルリンク

※ご予約はこちらコメント欄でも、私宛のメールでも承ります。
[PR]
年始早々からの風邪もやっと抜けて、食欲もようやく普通に戻り、今日は久々の太極拳にも行きました。やっぱり身体を動かすと快適です。

さて、本日も長女ネタ。長女の出演する演奏会のおしらせ(その2)です。

東京藝術大学バッハカンタータクラブ定期演奏会

2008年3月24日(月)19時開演

紀尾井ホールにて


◇プログラム
J.S.バッハ
・カンタータ第30番《喜べ、贖われし群れよ》
・チェンバロ協奏曲第4番イ長調BWV1055
・カンタータ第215番《汝の幸をたたえよ、恵まれしザクセン》

チェンバロ独奏:小林道夫
指揮:渡辺祐介
演奏:東京藝術大学バッハカンタータクラブ

全席自由 2000円
チケットぴあ:0570-02-9990(Pコード:278-197)

お問い合せ
電話:080-6766-2347
E-mail:tokyogeidaibachcantataclub@hotmail.co.jp

バッハカンタータクラブHP

====================
長女は去年の定期演奏会ではフルートの出番がなく合唱団員として参加しましたが、今年のカンタータは2曲ともフルートの入る曲。どちらの曲でも笛で参加できるそうです。

今年も小林道夫先生がチェンバロ協奏曲で出演してくださるので、私も楽しみにしています。

チケットご希望の方は、チケットぴあや上記の連絡先にお問い合せくださっても結構ですし、こちらのコメント欄、または私宛のメールでもお受けできますので、お気軽にお声をかけてください!
[PR]
今日は長女の成人式。3年前にも長男の成人式を迎えたわけですが、女の子の場合は華やかで楽しいものでした。あまり行事らしいことをしない我が家ではありますが、長女も晴れ着を着て写真を撮りたいと希望していましたので、私も一緒に楽しもう、と世間並みに成人式を。…と言っても、式には出席しなかったのですが。

朝から美容院で髪のセットと着付け、写真屋さんで写真撮影を終え、おじいちゃんおばあちゃんの家に。私の従姉夫婦や兄嫁、そして次女のお友だちまで来てくれました。せっかく晴れ着を着たんだからたくさんの人に見てもらっておきたいし。

c0061774_22361767.jpg

チェンバロの写真を撮る長女。かつて私が着た晴れ着です。常にマイペースの長女ですが、しっかりと足下を固めながら、自分の人生を伸び伸び生きていってほしいものです。

私としては、今日成人式を迎えたからと言って、ここまでよくぞ大きく成長したなぁ、という特別な感慨に浸っている感じでもありませんでした。(たしかに大きく成長しましたが…!)まだこれからどうなるのか、心配はキリがありませんし。それより、今日は晴れ着を見ているだけでいい気分になりました。長女も二十歳になったことを、今日の晴れ着でほんのちょっとでも実感してくれればそれもよいことだと思います。

次は3年後の次女の成人式を楽しみに。次女も姉を見て、というより、晴れ着を見て、3年後を今から楽しみにしているようです。
[PR]
by fumifumifumin | 2008-01-14 22:58 | 家族
2008年1月13日(日)14時半開演

津田ホールにて

◇プログラム
J.S.バッハ
 カンタータ第116番「汝 平和の君、主イエス・キリスト」
 カンタータ第72番 「全てはただ神の御心のままに」
 カンタータ第144番「おのがものを取りて、行け」
 カンタータ第104番「イスラエルの牧者よ、耳を傾けたまえ」

======================

アマチュアでバッハのカンタータを歌い続けている合唱団。この合唱団のメンバーの方々とは何かとご縁があって知人がたくさんいます。客席は満杯!私は最後列の席に座っていましたが、ぎりぎりに会場に入ってきた人はどこに空席があるか、と皆キョロキョロ探さなくてはならないくらい、たくさんのお客様で埋まっていました。

練習やソロでは聞かせていただいたことはありますが、ずいぶん久しぶりで聞かせていただいたフィアツェンのステージでの演奏。とても響きがいい合唱団に成長されていました。特にコラールでは、素直で、従順(よい意味で)な心持ちが伝わってきます。バッハに対しての素直さ、従順さなのか、神に対してなのか、音楽に対してなのか、指導者に対してなのか、演奏者自身に対してなのか、それはわからないけれど、そのひたむきさはうらやましく思えるほどのものでした。

さて、帰り道は寒さが厳しく、冷たい風に煽られながらの帰宅。その後は、明日のための準備。明日は長女の成人式です。
[PR]
駒込での合唱団の練習の帰り、練習会場を出てすぐの郵便局の前に「湯島天神記念切手発売中!」の看板を見つけ、つい吸い込まれるように郵便局内に入ってしまった私。

尋ねてみると「80円切手10枚なので800円分なんですけど1200円するんです~。」と控えめに説明する女子行員さん。

c0061774_21574426.jpg


もうすぐ中学受験の姪っ子にお守り代わりに送ってあげようと思って1シート購入。

c0061774_21584982.jpg


東京の郵便局だけでの限定販売だそうです。大阪で受験する姪っ子には効かないかな?!


全国各地の受験生のみなさん!
風邪が流行っていますが体調を整えて、元気に試験に臨めるようお祈りしています!!
[PR]
年明け早々からの風邪、なかなか抜けません。。。この風邪、流行っているようです。胃腸に来ます。それほど症状がひどいわけではないのですが、常にお腹が痛いような、重いような…食欲は全然なくて、食べるとすぐに胃がもたれる、という状態。今日も太極拳はお休みしてしまいました。このままダラダラした人生を過ごしてしまうのかなぁ、と思いつつ。。。

さて、今日は長女の出演する(たぶん)演奏会のお知らせ(その1)です。

リベラ・ストラーダ第2回定期演奏会

2008年2月23日(土) 13時半開演
大田区民プラザ 大ホール
全自由席 1000円

指揮:辻 博之
演奏:オーケストラ・リベラ・ストラーダ

◇プログラム
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調
               ピアノ:吉武優
・ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調
・ブラームス:ネーニエ作品82
               合唱:コーロ・リベラ・ストラーダ

======================
チラシに「-音楽への無限の愛と、友情と笑顔が集まって、こんなオケできちゃいました!-」と書いてありますが、芸大現役学生を中心に一昨年夏に立ち上げられたオーケストラだそうです。第1回演奏会ではモーツァルトの交響曲第41番とレクイエムを演奏したそうですが、今回はピアノ協奏曲(ソリストは芸大3年生の優秀なピアニスト)や、のだめでも超有名になった交響曲、それに合唱曲、と欲張りなプログラムです。合唱はやはり芸大声楽科に在籍する学生で構成されているそうです。ご興味のある方、ぜひ意欲ある若者達を応援してやってください!
[PR]