<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

キム・ヨナ選手、本当にすばらしい演技!見事な金メダルでした!スケートって滑りながらのスポーツであり芸術だから、女子は特に優雅さやしなやかさが似合いますね。

真央ちゃんも立派でした!銀メダルおめでとう!あの悔しそうな表情、計り知れない努力を積み重ねてきたからこそなのでしょう。

私は真央ちゃんの百分の一も努力をしたことがありませんが、それでもあの悔し涙を流す姿を見ていて、それなりに目標に向かって励んだ時に、結果ではなく、その内容が自分自身で納得いかなかった時に、悔しくて不甲斐なく思い悲しくなる気持ちをふと思い出しました。でもそういう経験をしてみて、さらにそこから視野が広がっていくのかもしれません。

それにしても、レベル高い女子シングルフィギュア!すっかり楽しませていただきました!あと、4位に入った長州未来選手も華のある楽しみな選手でした!

振り返ってみると、モーグルの上村愛子選手の4位入賞に始まり、スピードスケートでのメダル獲得もあったし、どの競技からも、そして日本人のみならずどの国の選手からもたくさんの感動をいただいたオリンピックでした。

c0061774_14301923.jpgさて、今日は雨が降ると言われながらほとんど降らない中、みなとみらいホールまで、第30回ヨコハマコーラルフェストを聴きに行ってきました。以前、ピアニストとしてご一緒させていただいていたハッピーたいむのみなさんが歌われるということで、久々の大ホール。ハッピーたいむを挟んで5団体の演奏を聴かせていただきました。ハッピーたいむのみなさんは、今回はミュージカル「オペラ座の怪人」から「Think of me」とプッチーニ「蝶々夫人」から「ある晴れた日に」というプログラム!「ある晴れた・・・」は指揮者である角岳史氏による合唱編曲版ということ。団のために編曲までしてくださった角先生の愛情ある指導と、持ち前のステージ大好きメンバーたちのパワーのおかげでしょう、とても艶やかな声で、客席までしっかり声が飛んできて、聞いていて気持ちの良い素敵な演奏でした。以前は黒のパンツにTシャツのカジュアルな衣装がユニフォームになっていましたが、今ではターコイズブルーのドレスを着こなし、すっかり板についておりました。今後ますますのご発展を!!!
[PR]
すっかり春めいてきました。風邪もすっかり治り、喘息っぽい咳だけは相変わらず残っていますが、身体や喉を冷やさなければ大丈夫なので、上手につきあっています。

さて、またオリンピックの話題ですみません。。。!決して、テレビの前でオリンピック見てるだけの生活をしているわけではないのですが、今日も感動してしまいました~。

アイスダンスってこれまであまりちゃんと見たことがなかったのですが、カナダのバーチュー、モイヤー組、すばらしい!!テレビをつけると、何度も映るのですが、何度見てもそのたびうっとり見とれてしまっています。モイヤーかわいいし!

しなやかで、繊細で、大胆さもあり、スピードがあって、どんな難しい技も難しそうに見えないくらいスムーズに流れの中にはまっているし、二人の息はぴったり!上質なバレエを見ているよう(以上?)に楽しいものでした。衣装はシンプル、音楽はマーラー5番。すべてがよかった!

3位になったロシア組、女性の衣装についているベルト?を男性がつかんで振り回して?いましたが、ああいうのもOKなのですね。

明日はいよいよ女子シングル!ショートもフリーも、ライブでは見られないと思いますが、一日中何度も何度も繰り返して放映してくれるから、見逃すことはありませんね。
[PR]
アメリカのライサチェック、文句なしの金でしたね~!

今日はいつものように合唱団の練習日でしたので、残念ながら生中継は見られず、練習後帰り道々、一緒にいた合唱指揮者氏が携帯で見るニュースの情報と、電車内でワンセグを見ているよそ様の携帯をちょっと横からのぞき見して(山手線新宿あたりにいる時、高橋選手がすべってました)、情報を細々仕入れながら帰宅。家に帰ってからあらためて見ました。

ライサチェック、何度見てもホレボレする演技です~。ライサチェックと並んで、伸び伸びと表現を自分のものとして演技していた高橋選手も銅メダルおめでとう!小塚選手もフリーで4回転決めてがんばりました。織田選手、悔しいでしょうねぇ。残りあとわずかだったのに。。。そういうことすべて含めての「本番」なのですね。

4位になったスイスのランビエル選手のフリーでの衣装のビーズ刺繍。ドレスの刺繍のデザインにちょっといいかも!
[PR]

朝起きてみると、白い世界が(銀世界、まではいかない)広がっていました。

c0061774_8465766.jpg


午前中、家にいる時間があると、ついオリンピックを見てしまいます。スピードのある競技、かけひきと技の競技、芸術性のある競技、見ているとどれも引き込まれてしまいます。どんな競技もトップクラスは見ていてとにかく美しい!無駄な動きのない理にかなった重心の安定と、研ぎ澄まされた集中力。すべて一発勝負ですからね。とにかく、世界にはいろいろなことのできるすごい人たちがいるものです。。。!!

ただ、必要以上に選手の生い立ちやら試合までへの道のりをドラマチックに仕立て上げて(もちろん、それぞれにはすごいドラマがあるものだと思いますが!)何度も大げさなほどに放映している番組にはちょっと閉口することも。。。


雪もおさまり、早くも溶けてきたようです。
[PR]
今日は咳の風邪、ということで、昼間楽しみにしていたコンサート(このコンサートのピアニストは長女の幼稚園時代の同級生!)を泣く泣くあきらめ、夕方から長女の出演するカンタータクラブ定期演奏会のみ、マスク姿で聴きに出かけました。

c0061774_23443647.jpg

カンタータを10年に渡って歌い続けているアマチュア合唱団のFさんも来てくださり、会場でご一緒しました。バレンタインデーだから、とプレゼントをいただいてしまったのですが、その中身が上の写真でプログラムと一緒に写っているものたち。ブタさんのミラーです。あまりにかわいくて感激!ありがとうございました~!

プログラムの中には、演奏委員長、副委員長さん以外に、今回で卒業(するはずの)メンバーの「カンタータクラブに寄せる思い」という文章が載っていましたが、長女もその中に書かせていただいておりました。皆さんきちんと書いていらっしゃる中、なんともお気楽でリラックス調の文章でしたが、それだけカンタータクラブに溶け込ませていただいていたということなのかなぁと思ってみたり。いい先輩方、仲間たちに囲まれて幸せで貴重な時間を過ごさせていただいたことと思います。卒業してからが本当のスタートですね。

1100席の新奏楽堂がいっぱいになるほどのお客様。指揮の長岡聡季さんを中心に、まとまったいい演奏を聴かせてくださいました。

画像は休憩中のステージ。オルガン調律中はKさん、かな?
c0061774_23515999.jpg

[PR]
オリンピック始まりました。若い人たちが、山あり谷ありの中、ねばり強く、目標に向かって突き進んでいる姿を見るのはすがすがしいものです。スポーツに限らず、何に対しても夢中になっている若者を見ているのは気持ちがいいものです。

・・・そんなこの頃、本格的一歩手前の鼻風邪が悪化しないように、とここ数日家にいる時間はなるべく横になって休養していたせいか、また見てしまいました、悪夢~。

これから試験(実技です、つまりピアノの)で、ドビュッシーのなにか弾いたことのない1曲と、もうひとつ聞いたこともないような曲を1曲、時間にすると30分以上のプログラムを弾かなくてはならないのです。。。もちろん、暗譜で。

え?これから試験?!こんな弾いたこともない曲、いきなり暗譜なんて無理~!!譜面見ます、譜面見なくちゃ!!と必死な私。。。


しかし今、冷静な私は、この夢の中の私に言いたい!!!

はじめての難曲たち、試験で弾くのに譜面あればできるんかい!!??

そんなん無理に決まってる。。。

だから悪夢なのです。。。時々見るんですよねぇ。この手の夢。


さて、少し体調取り戻してきたので、稼動します!
[PR]
風邪気味現在進行形。・・・とは言っても、熱は出ないし、鼻と咳とだるさ程度。幸い休養を取る時間があるので、お仕事の合間にゴロゴロして回復めざしてます。風邪が流行っているようですし、今週末も寒さ厳しいようですので、皆さま体調にはお気をつけて。

・・・と書いたところで、週末のお誘いで申し訳ありませんが、先日もおしらせいたしました東京芸大バッハカンタータクラブの定期演奏会。明後日2月14日、バレンタインデーの夜です。よろしければお出かけくださいませ。私も聴きに行ってます!(咳、治さなくては!)
c0061774_2055274.jpg
c0061774_20563416.jpg

[PR]
2010年2月10日、ちょっと風邪気味の中、中学同級生関東支部の新年会。

いつものように明大前にて集合し、8人で食事をしたあと、同級生のひとりがやっている「バッカス」へ。はじめの8人に加えて、遅れてくる人4人、関東支部の会にはじめて参加の人や、会いたかったあの人に会えた人や、いつもの仲間と軽口叩きながらおしゃべりしたり、いつものように盛り上がりました!


たまたま同級生の一人と話していたら、私が以前コンサートで演奏したことのある、素敵な個人宅のサロンホールのオーナーご主人と知り合いで、今その方が明大前のお寿司屋さんに来ていらっしゃるとこのことで、「バッカス」にお呼び出し。オーナー奥様には度々お目にかかっていましたが、個人であんな立派なホールとピアノ2台、ってご主人様は一体どんな方なんだろう、とずっと思っていたので、お目にかかれて光栄でした。

あ~ちょっと久しぶりで飲み過ぎたかも!

※関係者のみなさま
来月には大阪からNくんが上京とのこと、また招集かかると思いますので、お楽しみに!
尚、mixi私のページにいつものパスワードで画像アップしました。やっぱりフラッシュたいて写した方がよかったかも。多少ぶれているものもありますが、よろしければご覧下さいませ!

[PR]
昨日はいつものとおり、午前中本駒込にて「くりの実会」の練習。充実した練習を終えて、今日のお昼はどこにしようと悩んだあげく、新大久保に出て韓国粥「ボンジュク」へ。これまで横目で見ていただけ(味見程度)の松の実粥を。
c0061774_11453567.jpg

右上の小鉢は「キムチたこのお粥」。ちょっとわけていだたきましたが、これもちょっとピリッといいお味!松の実粥は葛湯のようなペースト状。濃厚だけど優しく、一切刺激のない、からだにそのまましみわたっていくお味です。元気になろうっと!

・・・と思っていたら、同行していた指揮者氏のもとに一通のメールが。夜に練習のある混声合唱団の代表さんから、ピアニストが急に都合が悪くなり代わりのピアニスト探し中だということ。視線がこちらに。。。ん???今日はあと何もありませんが。。。ということで、こんな私でもお役に立てますならばと、急遽、文京区の混声合唱団のお手伝いに行くことに決定。

2時過ぎから7時までの空き時間の使い方を迷った結果、やっぱり一度帰宅しよう、と帰路に着いたところ、今度は寮生活の長女から珍しくメール。3日ほど前に高熱が出てお腹も痛いって。時間もあったから、じゃ、今から寮まで行こうか?ということで、一度渋谷まで行ったけどまた戻って上石神井にある寮へ。
c0061774_11524795.jpg

寮に行ってみると、出入り口の横に雪だるまが。学生さんたち、どんな顔して作ったんでしょうね?かわいいですね。(この出来だと、やっぱり美校生ではなく、音校生の作品かな?)

近所のお医者さんに行ってみたら「普通の風邪だって言われた」ということで、インフルエンザやノロウイルスではなかったようで一安心。なかなか会えない(連絡も取れない!)娘なので、タイミングよく連絡が入り、空き時間に顔見られただけでもよかったかな。私は学生の頃、石神井のお隣の上井草というところに住んでいましたが、石神井の昔と変わらない静かな住宅街の空気は、穏やかでいいかんじでした。

そんなこんなで、夕方にはまたメールでお呼びがかかり、いつもの大塚「小閣楼」で軽くお腹を満たし(豚しゃぶそば、おいしいです!)いよいよ茗荷谷での合唱団の練習に。私にとっては(自分で音にするのは)はじめての曲、メンデルスゾーンでした。練習後には、団員の方々と軽くお食事にもご一緒させていただき、思いがけないことの連続でぐるぐる都内をうごめいていた一日は終わりました。思いがけず、メンデルスゾーンの作品に巡り会えたことにも感謝。
[PR]
昨日出かけたついでに、ヴィオラ奏者Aちゃんのお宅に、楽譜を受け取りに立ち寄ったら、小5の次男くんが真っ赤なほっぺで登場。雪だるま制作中だったとのこと。その時は見せていただく時間がなかったのですが、画像送ってくれました!かわいい~!
c0061774_935447.jpg

ちなみに、数年前のお母さん作はこちら→ ♪♪♪♪♪

『音の小箱』シリーズ、次回(5月9日)はもう一人のヴィオラ奏者をお招きして、バッハ作曲ブランデンブルグ協奏曲第6番など、2台のヴィオラ(+チェンバロ)の共演、協演、饗宴!詳細決まり次第、お知らせいたします。
[PR]