<   2010年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

まずは先日の続き・・・

去る5月27日、大泉学園にあるゆめりあホールにて、ソプラノの本宮廉子さんとアルトの奥野恵子さんのジョイントコンサートにおじゃましてきました。前半、フォーレとデュパルクの歌曲(間にピアノ連弾でフォーレのドリー)、後半にはなかにしあかねさんの歌曲。本宮さんは透明感のあるまっすぐで柔らかい声質、奥野さんはアルトらしい奥行きのある声質で、それぞれ時間と共に声もどんどん充実してきて、とても楽しませていただきました。これから益々伸びていく若い芽、期待しております!ピアノの山形明朗さんが多彩な音色でそれぞれの世界を作り上げて好演!


そして、今日は一橋大学兼松講堂にて、ヨハネ受難曲を聴いてきました。ヴィオラのAちゃん、チェンバロの師と共に。

まずはその前に・・・ランチです。リストランテ文流にて。

私はハンバーグ。あとの二人はパスタ。
c0061774_22345553.jpg

もちろん、デザートは別腹です。
c0061774_22352241.jpg


食事を終えて会場に向かう途中、プレトークのI教授や、本日の指揮者であるW氏やその他演奏者の方々にも遭遇。みなさん本番前に外でお食事だったのでしょう。
c0061774_22364591.jpg


1000人は入る講堂は、いっぱいの聴衆で熱気むんむん。2階サイドの席に座りましたが、熱気が全部上がってきて暑いくらい。座席の足もとは狭く、今どきの若い学生さんがこの席に座ったら長い足がつかえて座れないのではないかと思いました。。。でも、建物は趣があり、構内の木々は緑がいっぱいで手入れも行き届いておりとても気持ちがいい。ここの学生さんたちはいい環境で暮らせて幸せだなぁと思いました。
c0061774_22403367.jpg


I教授のプレトークのあと演奏。エヴァンゲリストのジョン・エルウィス氏が素晴らしかった!感情や描写表現が見事。ペトロの否認のところでの"weinete bittelich"はいつ聞いてもグッときます。

今回のヨハネ受難曲演奏会のもうひとつの見どころ、聴きどころは、ラウテンクラヴィーアというチェンバロが使われたこと。渡邊順生さんの弾き振りでしたが、このチェンバロにはリュートと同じガット弦が張ってあるとのこと。音も独特。バッハもこの楽器を使ってヨハネ受難曲を演奏したことがある、との文献もあるらしく、この演奏会を企画されたようです。

今日の演奏で、ヨハネ受難曲の最後のコラールを聴いた時、それまでの長い部分すべてがこの最後のコラールを歌い上げるためにあるのか、と気づかされました。バッハ、やはり偉大です。


本日ご一緒したお二人に元気をいただいて、さて、新しい一週間、前向きにまいりたいと思います!
[PR]
昨日は昼前から友人と銀座へ。ヤマハの楽譜売り場を見た後、有楽町方面に食事に行こうと、4丁目の交差点を渡ったら和光前にて「NHKあさいちのインタビューですがお願いします!」という声が。アナウンサーのお姉さんの手には「ダイエットに失敗した理由は?」と書かれたボードが。。。友人が「急いでますから~」とはらいのけてきたけど、どういう人選をしているんでしょうねぇ?「急いでますから」のあとに「ランチの予約があるんで!」と一言付け加えていれば「あ~それがダイエット失敗の理由ですね」と放映されたかも!

ささやかなランチはベトナム料理。私はフォーと春巻きのセット。
c0061774_16122699.jpg

手前がフォー。まろやかにほんのりとした甘みを感じるおいしいスープでした。
c0061774_16124286.jpg

そして食後にはベトナムコーヒー。
c0061774_16131149.jpg


外は雨模様でしたが、お店を出る頃にはやみ、友人のお供で日比谷にあるM楽器ショールームへ言った後、さらに珈琲店にてシフォンケーキセット。(やっぱり、ダイエットに失敗した、と思われる顔つきだったのでしょう。。。)

日比谷で別れて、夜は西武池袋線の大泉学園へ。若い歌い手さんからのお誘いで、ソプラノとアルトのジョイントコンサートへ出かけました。

このつづきは次回。
[PR]
昨日から今日にかけて、気圧が下がってきたせいか、頭が重くてたまりませんでしたが、咳はほとんど治りました。

マンション全体の地デジ対応のためのケーブルテレビ設備改修工事とやらで、今週末、室内のテレビ端子の交換に業者の方がきてくださることになっています。我が家では5箇所のテレビ端子、それぞれ部屋の隅っこにありますから、人と物の多い我が家では、当然箪笥がおいてあったり、勉強机があったり、リビングボードがおいてあったり。もちろん、家具なども業者の方が動かしてくださることになっていますが、隅っこって埃がたまってるし、ある程度物は片づけておかなくてはならないし、大掃除なのです。・・・でも、まだあんまりやっていません。。。

今日、少し片づけをしていたら、箱の中からこんな懐かしいものが出てきました。
c0061774_1848115.jpg

どうやら、次女(この冬二十歳になる)が幼稚園で作ってきたもの。4歳の時かな。

うしろ姿が凝っていてかわいらしい。
赤いヴェールに、お花の飾り付きでウェディングドレス風。
c0061774_1849782.jpg


こんなもの残してるから家の中が片づかないのですねぇ。

もうひとつ、おまけ
[PR]
長引いていた風邪、まだ咳は残りますが、今日夏を思わせるお日さまの下を歩いていて、日光消毒できて少しよくなってきたかんじです。

さて、今日のくりの実会の練習。スーパー売れっ子(特に合唱界)、実力派作曲家であり指揮者でもある松下耕さんのご指導を受けることができました。今やっている曲は2曲とも松下さんの作品。
c0061774_1754717.jpg

作品というのは、世の中に出回った段階で生みの親である作曲家の手を離れ、演奏家たちの手に委ねられ一人歩きしていくもの。そして、必ずしも作曲者自身の演奏が最もすばらしいもの、というものでもないと思います。でも、当然のことながら、作曲者の考え、思い、詩の解釈など、直々に伺えることは大きな大きな大きな収穫です。作曲者にとってみたら、一人歩き始めた我が子のような作品が、どこでどんな風に演奏されるのか、ほんとうに心配の尽きないことでしょう~。
c0061774_17512798.jpg

いつも小さな子供のレッスン(ピアノ)でも「作曲した人はひとつひとつの音にものすごくいっぱいの思いを詰めて書いているのだから、誠意を持って楽譜を見なさいね」というような話をするのですが、今日はそのような作曲家の作品ひとつひとつ、音ひとつひとつに対する熱い想いを直に感じることができ、松下さんの指揮で演奏できたことは、大きな刺激にもなったし、作品に対するイメージもさらに明確になり、貴重な時間でした。演奏する立場から言うと、作曲家が考えている以上の演奏ができるのが理想なのですけどね。
c0061774_17534174.jpg


合唱団のみなさんもきっとそれぞれに多くの収穫があったことと思います。2週間後、それが生かされますように!


※写真は、直接文章には関係ありませんが2010小岩井の思い出より。。。
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-21 19:09 | 合唱団
このところ、ずっと休む間もなく、コンサートの準備から本番、そして様々な行事が続いていましたが、昨日で一段落。なんとか乗りきりました!・・・と言っても、嬉しいことばかりで、充実した幸せな日々でした!

ただ、風邪ひいた後遺症なのか、咳がしつこく取れません。ここ数日で休養を取りながら体勢を取り戻したいと思っています。年がら年中お休みも取れずに奔走されている方々もいらっしゃるというのに情けない話ですが、休めながらでないと持たないこの身体!

写真は先週末にお招きを受けた、インド人の知人のお宅でのBBQ。お肉の味付けもインド風です!こちらはたこ焼き器と材料を持参。
c0061774_2132474.jpg

マンゴージュースを飲みながら、BBQのあとにはカレー3種とブリヤーニをご馳走になりました。


♪私信♪
合唱団のSさん!MDありがとうごさいました!早速聞かせていただきました。美しい文字に感激いたしましたよ~!ではまた。

[PR]
2010年5月16日(日)

J.S.バッハ
『パルティータ全曲演奏会』その2


千葉県市原市にある伊藤ハープシコード工房にてのアトリエコンサート。

弟弟子Aさんの運転する車に便乗し初夏のドライブ気分でお出かけ。お昼のお弁当など妹弟子のSさんが準備、姉弟子Iさんもお土産など準備してくださって、私は乗るだけの人。お世話になり、ありがとうございました!
c0061774_2253867.jpg


バッハのシンフォニア5番に始まり、パルティータ4番、5番、休憩をはさんで、フォルクレのマンドリン、そして最後にパルティータ6番、という大変なプログラムでしたが、あっという間に過ぎてしまったいい時間でした。あとに行くに従って楽器はどんどん鳴り、特にパルティータ6番は圧巻でした。

終わってからはティータイムと試奏タイム。今日演奏に使われた2台のほかにも、たくさんの楽器があるのでいろいろ弾かせていただきました。お座敷においてあった楽器を試奏している人たちも。これもいいけど、演奏が終わったら足がしびれて立てなくなりますね。
c0061774_22105682.jpg


工房を出る頃には日も沈み始め。。。
c0061774_22142782.jpg

帰りは先生も一緒に、往きと同様Aさんの運転する車で横浜まで送っていただきました。先生やお仲間たちから刺激をいただけた楽しい一日でした。感謝。
[PR]
ゆったり、のんびり、練習のことだけ考えて過ごした3日間でしたが、練習に打ち込んだ分(!)帰宅と同時に眠気。すでに平常生活に戻っています。

さて、雫石での最終日。指導者はどうしても空き時間を作って遊びたい、と考えておられたようですが、いざ朝の練習を始めると集中集中!っていうか、やることがいっぱいあるので終われない!・・・ということで、まじめに目一杯の練習をギリギリまでして帰ってきました。

往路帰路も含めて、女学生の修学旅行みたいな楽しそうな合宿でしたが、休み時間にもパートで自主練習していらっしゃったり、普段ではできないていねいな練習もできて、とてもいい合宿となりました。

c0061774_925320.jpg

お庭で写真を撮ったりして、なごりを惜しみながら、居心地のよいペンション「アルカディア」をあとにして、盛岡に向かう途中に産直のお店へ。
c0061774_9401893.jpg

肉厚なシイタケや、なんだかんだと買ってレジに持っていったらピッタリ1000円!レジのお兄さんが「お買い物じょうず~」と言ってくれたので、思わず「ピッタリ賞って何かもらえないんですか~?」と言ってみたら、「じゃ」と袋に入れてくれたのが手前に写っているクッピーラムネ2袋。言ってみるものです。

帰りの新幹線では、徐々に晴れてきて、夕日がきれいでした。思わず夕空を見ると写真を撮りたくなってしまいます。動く新幹線内からですからあんまりいい写真ではありませんが。
c0061774_952397.jpg


日常を離れて、おいしい空気を吸いながら、同じ目的の仲間達と共に過ごす時間は、歌の練習ができるというだけでなく、自分をあらためて見直すいい時間になるのではないかと思います。主婦たちのアマチュア合唱団が東京から岩手まで合宿にいく、ってたしかにすごいことですが、それだけの収穫をみなさんしっかり得て帰られたのではないかと思いました。(帰りの新幹線でも車内販売のおねえさんを離さないでいっぱいお買い物もできたみたいだし~!!??)

お世話役をしてくださった方々、メンバーのみなさん、そして、代表さんと仲良く同じ風邪で体調悪い中、熱心な指導で合宿をひっぱって行かれた先生、お世話になりました。合宿でのこと、忘れないで、今後にちゃんとつながりますように!!

(2010小岩井合宿記 おしまい)
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-15 10:12 | 合唱団
合宿二日目。よく寝て、よく食べて、よく練習して、よく笑って。ちょっと寒い毎日でしたが、練習にも気合いが入ります。テンション高くないと歌えない曲ばかりで、夜寝付けなかった、という声もたくさん聞きましたが。。。

c0061774_22451823.jpg

二日目の夜には、「ラ・ラ・ガーデン」(上の写真)にて、しずくいし混声合唱団の方々と交流演奏会。響きのよいホールでお互いに演奏しあったあとに、くりの実会のみなさんは、しずくいし合唱団の皆さんを巻き込んで東京音頭もご披露(歌ではなく踊りを)。
c0061774_22384151.jpg

最後には「美しく青きドナウ」を全員で合唱。最後にはしずくいし合唱団の皆さんが歌でお見送りしてくださり感激。歌っていいものですね。

夜には数人でおしゃべりしながら、軽く一杯。。。

(その3に続く)
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-14 22:46 | 合唱団
ということで、2泊で文京区の合唱団「くりの実会」の30周年記念合宿を、岩手県雫石町にて終えて帰ってまいりました。

食べて、練習して、食べて、練習して、食べて、練習して、(ちょっと飲んで)、寝て・・・の二日間でした。

初日は盛岡に着いたら雨。超晴れ女である団長さんが、今回は風邪をひいて体調思わしくなく若干パワーが落ちていたせいか、晴れるまでには至りませんでしたが、それでも雨マークの天気予報の出ていた日にも雨を降らせず、曇り空にとどめてくださいました。気温は低く、現地の方々もビックリの寒い日々でしたが、緑は若々しく、桜もまだ散らずに私たちを迎えてくれました。昨日アップした写真は小岩井農場の一本桜。

初日は恒例(って、合宿は去年夏に続いて2回目ですが)の「まきば園」から始まります。盛岡駅に到着したときはかなり雨が降っていましたが、まきば園レストランでの昼食が終わると同時にあがり、傘なしでまわれました。
c0061774_21455394.jpg


寒かったけど、ソフトクリームは食べておかなくてはね。
c0061774_21475232.jpg

このあと、ヒツジさんたちと対面。かわいい子羊ちゃんたちもたくさんいました。
c0061774_21484035.jpg

c0061774_2149867.jpg


寒くなったので、ホットミルクを飲んで、いざペンションへ。

昨夏、お知り合いになって貸していただけることになった「ラ・ラ・ガーデン」にて、夕方まで練習。食事のあとには30周年記念パーティー。一口に30周年、というけれど、引っ張っていく方、サポートする方、ついていく方、ムードメーカーな方・・・等々、個性派揃いの皆さんの力と、指揮指導してこられた先生のお力で30年続いてきたのだと思います。これからの益々の発展に、私も微力ながら関わっていけますように。

(その2)に続く・・・
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-14 22:25 | 合唱団
c0061774_1521214.jpg

桜はまだ咲いてくれていました。

このあと練習です。
[PR]
by fumifumifumin | 2010-05-12 15:21 | 合唱団