<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

昨日は相模原にある「光と緑の美術館」にて、チェンバロの師、古賀裕子さんのコンサート。受付嬢としてお手伝いに行って参りました。
c0061774_9412428.jpg


c0061774_105165.jpg楽器は久保田さん製作。

この美術館、ほんとうに響きがよいのです。残念ながら、中で聴かせていただくことはできませんでしたが、外から聞いていても、その響きは豊かで、「かたまり」で音楽を大きく捉えながらも、繊細な色の変化が見事!すばらしいコンサートだったと思います。


目一杯(満員御礼)来てくださったお客様も皆とても満足な表情で、コンサート後のティーサービスの時間を過ごされて帰っていかれました。受付で販売していた、先生のCDが完売したことでも、皆さんの満足度がわかりました。



スタッフも仕事を終えて一服、いただきました。このコンサートの企画をされた石井さん、心配りの行き届いた暖かいコンサートありがとうございました。美術館の横井さん(素敵な方です!)にもいろいろとお世話になりました。

c0061774_105316.jpg


夜は、混声合唱団樹林の練習。昨晩はバッハのA-durミサ。来週末はいよいよ合宿です。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
ずいぶん暖かくなりました。春ももうそこまで。

さて、先日4月10日のチェンバロサロンコンサートのお知らせをいたしましたが、アップしたチラシのサイズが小さく、内容がよく見えないので、もう一度お知らせさせていただきます。

こちらから  どうぞごらんくださいますように。
      ↓
加納文子チェンバロサロンコンサートのお知らせ


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
今日は午後からふたつの演奏会。

まず、築地市場に行って腹ごしらえ。なんとかの一つ覚えですが、今日は「四色丼」。マグロ、金目鯛、いくら、そしてウニ、の四色でした。食事のあと少し時間があったので、甘い物とコーヒーで一服し、夜までの長丁場に備えて・・・

まず、浜離宮ホールにて。〈BWV2001〉第10回記念コンサート。プレトークで田崎氏と有田栄さんのなごやかなお話を聞かせていただき、プログラムはブランデンブルグ協奏曲第2番とカンタータ3曲(92,150,147)。92番はさすがこのメンバー、よくまとめておられましたが、曲そのものが作りの難しい曲なのかな?という印象。それに比べて150番のカンタータは短い曲ですが、密度の濃い、凝縮された曲で、すばらしくよくできた曲と思いました。(いや、92番がよい曲でない、なんてそんな偉そうなことを言っているわけではありません!念のため)演奏も150番が一番よかった。よい演奏だと音がほんとうによく飛んできます。合唱も器楽も。曲自体が合唱と器楽のやりとりが密接に書かれていて、そのよさをそのまま再現している演奏。最後の合唱も、熱い思いがひしひしと伝わってきました。

後半には有名な147番のカンタータを聴き(トランペットもすばらしかった。アルトの阪口さんのアリアも光っていました!)、いつもならロビーに出てきてくださる演奏者のみなさんにご挨拶して帰るところなのですが、あとに控えている現役バッハカンタータクラブの第40回定期演奏会を聴くために上野へまっしぐら。大江戸線で築地市場から大門に出て、浜松町から山手線で上野に出れば近いのですね。6時半開演でしたが、10分前に到着できました。

東京芸大新奏楽堂にて。こちらはカンタータ2曲(4,20)と、コレッリのクリスマスコンチェルト。若々しい演奏。合唱も澄んだ響きで表情も豊か。ソリストさんたちも、毎回聴いていると、みなさん上達されていくのがよくわかる。はじめて聴かせていただく人にもすばらしい人がいたし、こういうところで将来性ある人の発掘?するのも楽しみのひとつかも。長女は今日は合唱で参加。アンコールだけフルート吹いていました。

カンタータクラブOBの方々が大勢メンバーにいらっしゃる〈BWV2001〉と、現役カンタータクラブ。同じ日に演奏会があったのはこの5年の間に二回目。はしごは少々疲れましたが、バッハもいろいろなカンタータを書いているのだなぁ、と、並べて聴くとおもしろかった、です。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]

c0061774_8112697.jpg昨夜からの雪、こちらでは3年ぶりの積雪だそうです。夜には真っ白になっていた道路も、今朝はもう溶け始め、こんな様子。気温も上がってすぐに溶けてくることでしょうが、我が家の駐車場や、道の隅っこには、しばらく雪が凍って残りそう。


c0061774_840332.jpg


昨日は長女から私にもチョコムース。見た目は濃厚チョコっぽいのですが、カシスやベリーのソース(これもお手製)やココアスポンジが入っていて意外にさっぱりさわやかスイーツ。一昨日、一日がかりで材料調達して作っていました。こういうことには情熱傾けて熱心に取り組むのですよね~。できあがり品は複数をていねいに包んで、カンタータクラブの練習に持っていっていました。一生懸命作ったわりには、一度出かけて、「チョコ忘れた~」と取りに戻っていましたが・・・

次女はただいま旅行中。昨日は和歌山入りして、今日はお伊勢さん参りのようです。いいなぁ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
c0061774_1842461.jpg
4月にチェンバロのサロンコンサートを開くこととなりました。ピアノでなく、チェンバロ、です。会場は茗荷谷にある「ラ・リール」という素敵なサロン。友人のハープ奏者の方のお宅にある、定員は70名ほどのとても響きのよいホールです。

バッハのフランス組曲第5番を中心に、フローベルガー、フックス、F.クープラン・・・と、バッハに影響を与えた魅力ある作曲家たちの、魅力ある組曲ばかりを集めてみました。どの曲も、人の心の温かさや熱さがひしひしと感じられる、私の大好きな作品ばかりでもあります。


ぜひお誘い合わせの上おいでいただければ幸いです。



さて!今日は嬉しいプレゼントが届きました~!
c0061774_21424015.jpg

神戸のsugiちゃん、ありがと~~!



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
リコーダーの鈴木俊哉先生とチェンバロの古賀裕子先生によるアンサンブルセミナー。受講は2回目ですが、前回とまた違う参加者で、楽器もいろいろ。朝から晩まで、疲れましたが、充実した楽しい有意義な時間でした。

5組のアンサンブルのうち、私は3組で弾かせていただきました。今日初対面の方も二人。

バッサーノ:スザンヌはある日(テナーコルネット)
テレマン:ソナタイ短調1,2楽章(リコーダーとヴァイオリン)
フォンタナ:ソナタ3番(ヴァイオリン)

朝、9時半にお宅に到着。10時から交替でリハーサル(交替、と言っても、私はほとんど弾きっぱなし)。そのあと、各グループ50分ずつのレッスン。的確でとてもシビアな先生のアドバイスが続きますが、なぜかとっても和やかな雰囲気。両先生のコンビもなかなか楽しく、充実したレッスン。途中にお昼休憩とお茶休憩。レッスンのあとにはそれぞれのグループが10分ずつのゲネプロ、そして受講生のコンサート。めまぐるしい一日でしたが、みなさんの演奏を聴いていると、レッスンの時より明らかに音楽が伸び伸びとしていい演奏になってる!私も今回はルネッサンス、初期バロック、後期バロックと様々な曲を弾く機会を得ることができました。

オカリナによるマルチェロのソナタもありました。オカリナ、という楽器のイメージをくつがえすような素敵な楽器と演奏。演奏されたHさんはオカリナ製作の第一人者。ご自分で作られた楽器での演奏でした。

朝10時から夜9時までの長丁場。でも・・・そのうちの最後2時間はお疲れさまのご褒美ワインパーティー。恒例の?俊哉先生のパスタ(3種)も最高においしかったです。ろうそくの明かりでのパーティーだったので、写真を撮ったのですが暗すぎました。

朝のうちはまだ雪もちらつき冷える一日でしたが、星も月もきれいな夜となりました。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]

今朝からの雪。よく降っています。一日降っていてもそれほどたくさん積もった感じはありませんが、寒いです。どちらのブログでもきっと雪景色の写真が多いでしょうから、あえて違う画像を。

c0061774_1916111.jpg

先週食べた鯛焼き。たまプラーザ駅改札近くにある小さな鯛焼き屋さん『銀のあん』。いつも大変な行列らしいのですが、その日は4,5人待てば買えました。黒い方が薄皮醤油(白玉入り)、白い方は焼き芋餡。買ってバスに乗って帰ったのですが、袋の中からこんがり香ばしくて美味しそうなにおいが・・・プ~~ン。。。バスの向こうの方でおばあちゃんが「あれ、なんかいいにおいするね~」。もちろん、知らん顔。

寒い日には(にも)甘いものが食べたくなります。この雪の中を買いに行く元気はないけど。


さて、長女は来週のカンタータクラブ定期演奏会の練習のため夜遅くまで学校だし、次女は深夜バスで今夜京都に向かう(お友達と旅行、京都のあと和歌山の勝浦、那智から伊勢へ、というコース)し、雪がひどくなりませんように。

※そうそう、業務連絡~!中学同級生のみなさん!
今週末、神戸より上京の予定だったKamitoくん、この雪で予定を延期されました。残念でしたが、3月になったらまた上京されるとのこと。そのときにはまた声をかけますので、お楽しみに!




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
オルガンの通奏低音を学びたくて、昨秋から月に一回くらいの頻度でオルガニストのNさんのところに押し掛けています。マドリガーレから勉強するとよい、とのアドバイスをいただいて、恥ずかしながらルネッサンスとなると作曲家の名前も知らない人が多く、曲を紹介していただきながら少しずつ世界を広げています。美しい作品が星の数ほどあってほれぼれです。しかし、オルガンの弾き方もコンティヌオの弾き方もなかなか思うようにいかず、もやもやは積もるばかり。。。そんな私にNさんがお勧めくださった次の課題がなんと!ヨハネ受難曲の最高に山場のレチタティーヴォのコンティヌオ。ペテロの否認のあとの嘆きの半音階下降で終わる、あの劇的なレチタティーヴォです。

c0061774_0192320.jpg

こんな素晴らしい作品に取り組めることに感謝しなくては!譜面を見れば見るほど、コンティヌオの重要性を強く感じます。

できないことだらけで、落ち込みそう・・・いや、かなり落ち込みますが、やりかけたから10年はやらなくてはね。一体何歳になっちゃうの?(わかってますけど!!)



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
今日はAちゃんにくっついてご近所ガンバのHさんのところへ。初期バロックの曲(Aちゃん今日はヴァイオリンで)のアドバイスをいただいてきました。フォンタナのソナタ。ほんとうに知的好奇心の旺盛なHさん。学術的な面からと、経験豊富な実際の演奏の面からと、両方からのアドバイスは説得力があっておもしろい!上の階にいたご主人、リコーダーのY先生が時々顔出して「そこはシャープない方がいいよ」とか、装飾(ヴァイオリン旋律)の仕方であれこれ考えていると、ついに階下までおりてきてくださって、ああだこうだ、とおもしろいレッスンに。同じ曲で週末にはチェンバロの師のお宅でアンサンブルセミナー。


話はまったく飛びますが、次女が週末からお友達と伊勢志摩方面に旅行するということ。伊勢志摩といえば、大阪の小学生たちの修学旅行先なわけです。今でもそうなのでしょうか?そんな話を次女にしながら思い出したこと。私たちが泊まった宿はたしか夫婦岩近くの大石屋旅館っていう名前だったのでは?と思って調べてみました。まだあるのかなぁ?と。ありましたありました。なんだかえらく立派な旅館になっています。すごく懐かしくて行ってみたくなりました。

もうひとつ、鳥羽水族館の入り口に、足が百本以上?あるタコがホルマリン漬けになって展示してあったはず。これも調べてみようと(ネットってほんとに便利!)水族館のHPの中をさがしていました。しばらくして発見!なんと今は格上げされて、合格祈願タコ神社だって~!「置くとパス」。受験生のみなさん、今更遅いかもしれませんが、ネットでタコ神社見るだけでも多少の御利益あるかも。。。鳥羽水族館に行けば3月18日までタコ神社は設置されているようですよ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
私と中学校同級生の関東在住の方々へ。業務連絡。神戸よりKamitoくんが上京されるとの情報が入りました。2月12日の夜と13日の昼。関東支部のみなさんにご案内をメールで送りましたが、メールアドレスがわからなくなった人もいるので、メールが届いていなくてどちらかの日に参加できそうな方、どうぞこちらのコメント欄にでも、私のメール宛にでも、ご連絡お願いいたします!そして、仲良しの人にもお伝えください~!


さて、私の近況です。先々週の咳の風邪もすっかりよくなり、快調に過ごしております。今週になって次女が別種の風邪。しんどそうでかわいそうでしたが、それも二日間でなんとかおさまりよくなりつつあります。試験期間なのでゆっくりする暇もなく、高熱が下がるや否や、お粥のみの栄養でレポート書いたり試験勉強したり・・・今日はもう試験のために登校しましたが、元気に帰ってきました。皆様もお気をつけて。

新燃岳の噴火もまだ続きそうですね。お近くの方々はさぞ大変で、不安な思いをされていることでしょう。お見舞い申し上げます。自然の規模と力の大きさ、あらためて感じます。人間の存在がなんと小さいものなのかと。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]