先週の金曜日、合唱団の練習の帰りに立ち寄ったところ。
c0061774_072421.jpg

お友達のKさんのやっているアトリエショップ「プチローズ」のお仕事場。。Sさんと二人で、教室を開いたり、ネットショップも立ち上げ、いつもほんとうにセンスのよいフランススタイルのアレンジメントを作ってくださいます。大ファン。母の日前なのでたくさんの花を仕入れてアレンジ中。
c0061774_092068.jpg



このたびは母の日ではなく、お友達のM子さんがちょっと体調を崩されたのでお見舞いのお花をお願いしました。体調悪い時は気分も滅入るから少しでも明るい気持ちになれますように、の思いを込めて、元気の出るパステルカラーで。

M子さんのお手元には昨日届いたようですので、M子さん~ここに画像アップしちゃいますね~。
c0061774_0123346.jpg


お花を注文したい方も、アレンジメントを習いたい方も、ここなら間違いありません。発表会のお花もできますよ~とのことでした。(宣伝になってしまいましたね)

プチローズのHPはこちらからどうぞ→ Petite Rose
こちらのブログに上の写真のアレンジメントのことも載っていました!


M子さん、早く回復されますように!

◆2011母の日覚え書き
[PR]
横浜市営地下鉄+市営バスの1日乗車券を買って、横浜巡り。

雨も降っていたので、桜木町から「あかいくつ」に。このあかいくつ、100円で乗れて、観光ポイントを回ってくれるので、ただ乗っているだけでも楽しいバスでした。もちろん、今日は1日乗車券を持っていたから乗り放題降り放題。
c0061774_21161479.jpg


まず、中華街にて腹ごしらえ。よく訪れる上海豫園。華正楼おみやげ店にて月餅を買い、またまた「赤いくつ号」に乗って港の見える丘公園まで。

本日のお目当てはここでした!
c0061774_2118635.jpg

神奈川近代文学館にて、私の大好きな遠藤周作展。いつの間にか没後15周年。少し前から、これまでにも何度も読んだ「イエス巡礼」に続き、これまた紙がすっかり黄ばんでしまっている古い文庫本で「キリストの誕生」を読んでいるところでした。頭の悪い私は、読んでも読んでもすぐに中身を忘れるから、何度読んでもいつも新鮮。お得です。でも、今まで理解できていなかったことが、読むたびにわかってくる気がしておもしろい。今回も、読む順番としては「イエスの生涯」を読んでから「キリストの誕生」なのですが、あえて逆に読むことで見えることもあるのではないかな、と思って「キリスト…」から読んでみています。遠藤周作さんの暖かみのあるものの見方も文章も、本当に大好きなのです。なんだか未だに私の中では、ちょっとはにかんだあの笑顔で生き続けていらっしゃる気がするのです。

近代文学館のカフェからの景色。雨もまた風情あり。
c0061774_2135161.jpg


港の見える丘公園のバラ園はまだこれからのようでしたが、こちらは花満開。
c0061774_2136794.jpg


また「あかいくつ」にのり、今度は馬車道駅前まで。このバス、大桟橋の客船ターミナルまで回っていくし、遠回りではありますが、桜木町で2時間ほど空き時間ができたら、時間つぶしに一周乗るのもいいかも!天井にも小さな窓があってお洒落。(写真はちょっとぶれていますが)
c0061774_21484016.jpg


馬車道でおりて歩いていると、旧富士銀行あとにできた芸大の横浜校舎に遭遇。ちょうどアニメーション科の修了制作展をやっていたので、ちょっとのぞいてみました。かわいらしく夢のあるアニメーションの絵コンテや人形などが展示されていました。作品の数々も上映されていたようですが、時間が合わず、残念でしたが見ずに失礼してきました。明日(8日)までやっているようです。
c0061774_21555114.jpg


そのあとは「クラフトビアバー」というお店に。若いマスターのやっているとっても素敵なお店。ビールはもちろん、お料理もおいしいし、長男もしょっちゅう通っているようです。
c0061774_21573965.jpg


いつも歩いている横浜、みなとみらいも「あかいくつ」でちょっとひと味違った気分の、のんびり横浜巡りでした。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
一人ドライブ旅行中の長男よりお届け物。
c0061774_005238.jpg

カレイ、ハタハタ、スルメイカにアジとのどぐろの開き。
境港のあとはどこを巡っているのやら??

今日はインド人のお宅を訪問。お昼は奥様の手料理でチキンカレー、えびカレー、豆のカレー、カバブ、マトンブリヤーニ、などたくさんいただきました。夜にはすぐお隣にあるお蕎麦屋さんで軽い夕食を一緒に。

小学生の一人息子Hくんはアメリカンスクールに通っていますが、地震後、多くの先生やお友達が自国に戻ってしまって、まともな授業が受けられない状態らしいです。今までどおり日本で生活するのが一番いいのだけれど、こどもの教育のことだけは何もできないと困るので、来月から奥様とHくんだけ戻って、インドの学校に1年間通うことにしたそうです。インドの学校は6月はじまりだそう。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
# by fumifumifumin | 2011-05-06 00:12
今日はへちこさんと銀座へ。いつも通り、まずは三越で待ち合わせ(あ、今日は地下で出会ってしまったから、ライオン像を見てくるの忘れた)、ヤマハに行って楽譜やら書籍をゆっくり見て、食事したあとはウィンドウショッピング。
c0061774_22114395.jpg

クマさん、店先でミシンをかけてお仕事中。実際に動いています。見ていて飽きません。

途中から雨。

銀座には目の保養になるものがたくさんあります。スワロフスキーのお店をはじめ、鳩居堂、七宝焼きの安藤・・・等々、美しい作品を見て回る楽しい時間でした。ていねいな仕事でセンス良く作られているものは美しい。

母の日のささやかなプレゼントなどの買い物も完了。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
いつの間にかもう5月。緑はすっかり濃くなっています。写真は数日前のものですので4月中の空。

c0061774_22485415.jpg


怠慢して、まとめ書きです。

GW初日4/29は友人Jちゃん(ピアノ)が出演するコンサートにおじゃましてきました。オペラシティのリサイタルホール。ソプラノの秋永佳世さんのリサイタル(賛助出演としてバイオリンも)。Jちゃん、相変わらず美しい音色!よく知られた名曲ばかりで、ホール満杯のお客様もゆったりしたひとときを過ごして帰られたことと思います。このリサイタルホールは一見四角くて結婚式場のような感じがするのですが、響きがよく届いて、好きなホールです。

4/30は混声合唱団樹林の特別練習。いつもよりちょっと長めの練習。バッハもモーツァルトもやりました。樹林の定期演奏会は5月22日に行われる予定でしたが、ミューザ川崎のホールの天井が落ちてしまったためにホールが使えず、会場を変えてお盆ど真ん中の8/14に延期。そのため、5月22日が空いたので、別の予定が入りました。

その準備として、昨日5/1はAちゃんとガンバとの合わせをしてから、H先生のレッスンにおつきあい。楽しかった~。


長女から「お母さんにピッタリの、いいもの見つけちゃったからちょっと早いけど母の日!」とプレゼントをもらいました。
c0061774_234439.jpg

ネームタグです。かわいい~!人相、ならぬ、トン相がいいでしょう?

横に写っているメガネは最近作った物。私はずっとコンタクトレンズを使っていますが、普通によく見える度数だと近くが見にくくなってきました。歳には勝てぬ。。。!なので、今回楽譜を見るときにちょうど見やすい度数(つまりゆるめの度数)のコンタクトレンズを作り(結果的に0.8くらいの視力に矯正)、その補強として(車の運転や遠くを見るときのため)コンタクトをした上からかける、ゆるめの度数のメガネを作ったわけです。メガネがなくても普段の生活にはまったく支障ありません。

これ、快適!!お手元が見にくくなってきた鍵盤楽器奏者さんたちにおすすめ!ただし、近眼の方に限りますが。

さて、明日からはGW後半。長男はなんだか一人旅でドライブ中(今日は宍道湖にいるってメールがきた)のようだし、長女はコンサートのお仕事やバイト、次女は合宿やら講義やら、とみなそれぞれ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
しばらくご無沙汰しておりました。

今日は雨降る中、「合唱団エルム」の20周年記念コンサートへ。会場の四谷区民会館にはたくさんのお客様。ロビーでは募金箱にわずかばかり入れさせていただきました。

c0061774_2285133.jpg


はじめて聞かせていただく噂のエルム。

  まあ~、なんという合唱団なんでしょう!! (^o^)

とにかく楽しそう。聞いているとこちらも自然にニコニコしてきます。そして時に、うるっときてしまったり。歌がうまいからなのか、曲がいいからなのか、歌詞がいいからなのか、なんかよくわからないのですが、いえ、ちゃんと曲のメッセージを伝えられるということは素晴らしいこと。

そう、歌によって表現することを心から楽しんでいらっしゃる合唱団。真っ赤な太陽、ハチのムサシは死んだのさ・・・等々、全身全霊で表現されていました。ほんとうに懐かしい歌ですねぇ。(懐かしい、といえば、昨日元キャンディーズのスーちゃんが亡くなられましたね。早すぎる。。。)

隣に座っていたご婦人(合唱団関係ではなさそう)は、はじめは静かに聞いていらしたのですが、司会に喜び、歌に喜び、だんだん盛り上がり最後は大興奮、大拍手しておられました。素敵なコンサート、おめでとうございました。


一度帰宅して、夜は混声合唱団樹林の練習。今日はモーツァルト戴冠式ミサ。来月予定だった定期演奏会が8月14日に延期になり(ミューザ川崎の天井が落ちて使用不可のため、会場も神奈川県立音楽堂に変更)練習時間が増えてよかったよかった。(?)


※ご報告が大変遅くなりましたが、先日のチェンバロコンサートで皆様にお支払いいただいたチケット代、すべてとはいきませんが、必要経費を差し引いた金額、たいした金額にはなりませんが(今日、募金箱に入れたよりは多いです!)義援金とさせていただきました。ありがとうございました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
先日のコンサートの会場の響きはチェンバロにぴったりだったのではないかと思います。お客様が入る前は響きすぎるくらい。

写真、何も残していなかったということで、終演後のドリンクタイムのワンシーンを一枚送っていただきましたので、ちょっとアップさせていただきます。楽器の向こうには中庭が見えて、素敵なホールです。

c0061774_23403496.jpg


ちょこっと見えている私。水色っぽいドレスを着ていますが、このドレスが今回のコンサートに向けて気持ちがダウンしそうな時に、元気をくれました。ここ数年ドレスを作っていただいているSさん作ですが、地震の前からお願いしていて、仮縫い、仕上げ、手直し…と、お宅が遠いので、宅配便に頼って往復させてできあがりました。地震直後には宅配便も送れず、どうなるかと思いましたが、暗い気持ちに陥りそうな時にも、私もSさんも明るい春色の生地を見ては元気をもらっていました。私たちは「春の妖精ドレス」と呼んでいます。

桜もそうですが、明るい色というのは、気持ちも明るくしてくれるものですね。

Sさん、ちゃんと見栄えもチェックしに、聴き(見に?)来てくださいました!あらためて、元気になるドレスをありがとうございました!!


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
東関東大震災からちょうど一ヶ月。今日も夕方から夜にかけて頻繁な余震。復興に向けて少しずつ動き始めているところに、またもや大きな揺れ。被災地の方々がどんな気持ちでいらっしゃるか。。。


・・・と言いながら、すみません、今日は長女と昼からみなとみらいに出かけて、昨日の慰労会。(たしか、昨日の帰りもチェンバロ仲間たちと慰労会しましたが。)長女もよく手伝ってくれたのでご褒美も兼ねて。
c0061774_21365022.jpg

桜を見ると、自然にほっこりして、少し元気がもらえるような。

遅めのランチ。
c0061774_2138898.jpgお手頃ランチでしたが、そのお味はやさしくて、意外なおいしさもあって、からだもさわやか。

ウインドウショッピングをして帰宅途中に、地下鉄内で地震に遭遇。もちろん、揺れには気づきませんでしたが、安全を確認するまで停車、ということで10分ほど待ち、そのあと徐行運転。いつもの倍近くの時間はかかりましたが、無事到着。雨も降ってきました。茨城の方には大雨警報が出ていたようですね。ほんとうに不安が増します。

もういい加減に余震もおさまってほしいところです。福島ばかり狙っているかのように。これから何ができるのか。自分にできることを続けることしかできませんが。地道に。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
本日、皆様のおかげでコンサート終えることができました。

c0061774_22572181.jpg
茗荷谷から会場への道のりの公園では桜が満開。(写真の色、あまりよくないですね)

今の大変な落ち着かない時に、たくさんのお客様に来ていただいて(熱気で楽器の調律が狂いやすかったですが)ひとときをご一緒できたことに感謝しております。様々にお手伝いくださった方々にも厚くお礼申しあげます!

正直なところ、今回のコンサート、いろいろな経緯があって開催することになったのですが、話が起こってから、何度も何度も何度もやめようと思いました。この年になって新しいことに挑戦するわけですし、やっていいものか、果たしてできるのか。そしてまた、東関東大震災があって精神的にも環境的にも難しいのでは、と思った時期もありました。私一人では絶対にやめていたコンサートでした。

やったことがよかったか否かは、聞きに来てくださった方々の判断となりますが、とにかくここまで後押しをしてくださったのは、まず私のチェンバロの師です。そして、たくさんの仲間たちにも励まされ、そしてチェンバロ製作者の横田さんにもお世話になり、できたことだと思っています。ありがとうございました。横田さんの楽器(フレンチ)は反応もよく、伸びのある美しい響きで、それを弾けるだけで幸せなひとときでもありました。

嬉しかったのは、このところの暗い不安なニュースと現実の中で、気持ちのほぐれる時間を持ててよかった、という言葉をいただけたこと。やってよかったのかな。



また写真が何もありません。。。私を撮ってくださった方、何人かいらしたので、もしよろしければ送ってくださいね。

そして・・・きていただいただけでもありがたいのに、いろいろと頂き物をしました。こんな「ブタ」があったんだ~というものも多々。感激!ありがとうございました。

さすがにくたくたで帰ったら、今日一日受付等手伝ってくれた長女が軽い夕飯を作ってくれました。
c0061774_749446.jpg


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]
日が経ってしまいました。

コンサート明日となりました。茗荷谷の「ラ・リール」にて、ちょっと中途半端な13時半開演(13時開場)です。

J.J.フローベルガー、J.J.フックス、J.S.バッハ、F.クープランの組曲。

満員御礼まであと一歩。チケットお持ちでない方も当日券も少しですがございますので、お近くの方、遠くの方、中途半端な方、どなたでも、気が向かれましたらふらっとお立ち寄りくださいませ。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
[PR]