ヴァイオリン発表会

私の友人であり娘達がかつて習っていた先生のクラスの発表会があった。青葉台フィリアホールにて。毎年夏休みのこの時期に行われるこの発表会。もう一人の友人ピアニストと分担してちびっ子たちの伴奏をやっている。みんなよく弾く!今年私の受け持った人数は17人。きらきらぼしからサラサーテやクライスラーまで。毎年のことだけれど、最後の方は頭がクラクラしてくる。

特別に出演させてもらったフルート二人の伴奏(ジョリベとマルタン)もなんとかとにかく終わりました!!ジョリベが終わったあとからお母さんの顔つきが変わった、と娘達に笑われましたが、ほんとにホッとしてスッキリしました!!!!(^^)

この先生である友人(ヴァイオリンMくん)は私(ピアノ)と高校からの同級生。伴奏したのは私と高校時代から一年後輩(ピアノCちゃん)。そして、生徒さんのお母さんにも高校時代からの同級生(ヴィオラAちゃん)や大学時代の同級生(チェロU川さん)、高校時代からの一年後輩(ヴァイオリンO本さん)、と同窓会のようになった。友人達のお子さんたちの伴奏をしていて時の流れを感じると共に、しっかり次世代に受け継がれている血を感じて感慨深いものがあった。

発表会は午後からだったので、昨夜から具合が少し悪くなった私の母を午前中大船の病院まで車で送迎。いつもはいたずら好きな友人が音声認識の「おねえさん」におしゃべりして遊ぶくらいしか使われていないナビがとっても役に立った。それに先日セットしたばかりのETCをはじめて今日使った。めちゃ快適!!
[PR]